<   2018年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
増えてきた…
中川政七商店のご当地ふきんのシリーズを集めているんだけど、今回の旅行でも新たに2枚手に入れた。

まずは京都の下鴨神社で販売されていたこちら。

f0072757_20505746.jpg

おてあらいふきんではなく、みたらしふきん。読み間違えると、お手洗い専用のふきんみたいじゃないですか。

下鴨神社には御手洗社というお社(やしろ)や、御手洗川という川がある。みたらし団子発祥の地とも言われ、みたらし祭なる祭事も行われる。

そんな、下鴨神社の奥の方にある御手洗社の近くにある売店に売っていた御手洗ふきん。こんなものがあるなんて知らなかったから、今回下鴨神社へ行って良かったなぁと思った。

そして当然、広島でも購入。広島ふきん。

f0072757_20590785.jpg

本当は広島では、岡山ふきんも買えないかなぁと思っていたんだけど…。

私の中でこのふきんを買うときのルールがあって、訪れた場所のふきんのみ買ってよいということ。訪れた場所にその土地のものと別の県のふきんがあっても、その県を訪れていなければ買わないようにしている。乗り物で通過しただけの場所はダメ。

実際に九州へ旅行で行った時、博多駅に九州各県のふきんがすべて売っているお店があった。でもその時は福岡と熊本しか訪れていなかったので、他の県のふきんは買わなかった。先日の羽田空港でも東北地方のものとか売っていたけど、やはり買わなかった。

その道理でいくと、すでに訪れた場所のふきんは、後から手に入れても良い。岡山は行った当時にふきんがあったのか無かったのか分からないけど、その時には手に入れていなかった。

でも先日ふきんの種類を調べていた時、岡山ふきんがあるのを知って。広島は岡山の隣だし同じ中国地方だし、もしかしたら売ってるかもしれないなぁ〜と期待していた。でも私が行った広島パルコの中の中川政七には無かった。

岡山のは買えなかったけど、下鴨神社のがあるとは思っていなかったので、結果オーライ。今回で2枚増えて、旅行前にお菓子を買いに行った羽田空港でも増えたし、かなりなことになってきた。

f0072757_21203986.jpg

すべて集めてカゴに入れてみた。数えたら18枚あった。全部旅先のものではなくて、東京タワーとかスカイツリーとか、よく行く街の川崎とか横浜とかのもある。旅先で買ったものには偏りがあり、西日本ばかり。

各県で1枚ではなく、大阪は大阪ふきんの他にたこ焼きふきんがあったり、福岡は福岡ふきんと明太子ふきんも持っていたりする。平等院や今回の御手洗ふきんのように、有名な神社仏閣で手に入るものもある。

もう完全にコレクションになっていて、ふきんとしては全然使っていない。1枚だけ、和雑貨のお店で働いていた時にそのお店で買った大仏柄の奈良ふきんは、袋から出してちゃんと使っている。素材の良さは分かっている。

これからも、旅先や遊びに行った場所で見かけたら買いたいなぁ。

[PR]
by anewyearsday | 2018-05-31 20:49 | 日記 | Comments(0)
京都法事と広島旅行記〈最終日〉
5月20日(日)。ホテルをチェックアウトし、まずは広島駅へ。荷物が重たいので、帰りの新幹線に乗るまでコインロッカーに預ける。

身軽になって向かったのは、平和記念公園。前日、宮島へ向かう船に乗った時に原爆ドームも遠くに見えていたんだけど、この日はちゃんと近くまで見にいった。

f0072757_12502036.jpg

東京からは遠いため、ここへ来たのは初めて。本当にあるんだなぁ…と、まず最初に変な感想を持つ。

f0072757_18530094.jpg

近くで見ると壁とか本当にボロボロになっていて、壊れないようにするために内部を補強したりひび割れをパテか何かで埋めたりしているのが分かる。そのおかげで今までずっと残して来られたんだなぁ。

f0072757_18542969.jpg

建物の周りにも瓦礫がたくさん落ちている。この建物があるのは爆心地からは約160メートルだそうだ。この建物がこうして残ったのは、建物の構造上の特徴や、原爆が爆発した位置などが関係あるのだそうだ。

f0072757_18552411.jpg

平和記念公園の中を歩き、原爆死没者慰霊碑の前へ。テレビで毎年観る平和記念式典は、ここの風景なんだなぁと感じた。

ところで余談だけど、この日、空は快晴。真っ青な空に、飛行機雲がやたらとたくさんできる日だった。私の写真にも飛行機雲がたくさん写った。

前日からの続きで空気が乾燥しているのかなぁと思って調べたら逆だった。水蒸気が多く、天気が下り坂のサインだそうだ。でも絵的にはとても素敵だった。

広島平和記念資料館は現在本館がリニューアル工事中のため、東館のみを見学した。最初は入るのちょっと怖いなぁと思っていたけど、原爆のことが分かりやすく見やすく展示してあり、見て良かったと思った。欧米系の外国人の方がたくさん来ていた。

東京にいると広島や長崎は遠いので、原爆のこともなかなか実感できなかったけど、平和記念公園へ来て色々と感じることができた。

日本は戦争が終わって、まだ73年しか経っていない。世界中の人たちが仲良くし始めてまだ100年も経っていないんだなぁ。まだ、浅い。二度と戦争など起こらないで欲しいし、世界中の現在戦争しているところも終わればいいのになぁと思う。

広島でする最後の食事、この日のお昼ご飯。前日の夜、広島グルメの代表的なものはすでに食べたし、何食べようか?と話していた。私が、ここ数日遠ざかっているような味、ピザとかパスタとかは?と提案してみると、夫も乗り気に。

早速調べて、美味しそうなピザ屋さんを発見した夫。ミシュランにも載ったお店で、ピザの何かのコンテストで優勝したこともあるらしい。そのお店に行ってみることにした。

f0072757_00555295.jpg

しかしかなりの人気店で、日曜日のお昼時だったので待っているお客さんも結構いた。でもこのお店があるのは近隣にお店があまり無さそうな、このお店を目掛けて来るような場所だった。だから並んで待つことにした。

f0072757_18565900.jpg

そして!念願のピザ。マルゲリータに生ハムが乗ったピザと、モッツァレラベースで玉ねぎとアンチョビの乗ったピザを注文。お腹も空いていたし、美味しくて2人でペロリ。確かにこのお店のピザは美味しかった!近所にあったら時々行きたいくらい。

いつものことだけど、夫の食事リサーチは本当ハズレ無し。まぁ、ネットで調べられる範囲で評価の高いお店に行っているので当然かもしれないけど。でもやっぱり、食事するお店は夫に調べてもらったところが良い。

ランチの後は、広島城へ。城好きの私たち、訪れる街に城があるなら、やはり観ておきたいと思うのだ。

f0072757_18581935.jpg

広島城の天守閣は原爆により倒壊したが、昭和33年に復元されたそうだ。茶色い木目の壁が木造の家みたいに見える、なんか珍しい天守閣。

築城は毛利輝元で、その後福島正則、浅野長晟のものとなっている。毛利輝元は関ヶ原の戦いで西軍の総大将となったけど、敗戦したので取り上げられちゃったのよね。けど福島正則も家康の時代、色々とあって謹慎になったりして取り上げられたんだな。自分の知識のある部分なのでなんか嬉しい!

f0072757_18582378.jpg

あまり大きいお城ではないので、サラッと観て終了。新幹線に乗る前に広島駅でお土産を買いたいので、広島駅へ戻る。

会社用にもみじ饅頭などの定番お土産と、自分用にちょこっと買い物をしたらもう、新幹線の時間が迫っていた。もう少し買い物したかったような気もしたけど、帰りの荷物が増えるのを敬遠してしまったな。

翌日は仕事なので、家に着くのがあまり遅くならないような時間にした。駅弁を買って新幹線に乗り込む。品川駅までは4時間弱。意外と早い。乗っている半分くらいの時間は寝ていたから、余計にあっという間に着いた感じだった。

久し振りに3泊4日というちょっと長い旅行。前半は法事だけど、それだけ家を空けたのも久し振り。行きたいと思っていた広島は、とても堪能できて大満足だった。

旅行から帰ってきてもう10日も経ってしまったけど、これにて旅行記は完結。

[PR]
by anewyearsday | 2018-05-30 22:43 | | Comments(0)
京都法事と広島旅行記〈3日目・後編〉
5月19日(土)。前編の宮島の続き。お昼を食べ千畳閣や五重塔を見た後はこちらへ。

f0072757_12374748.jpg

厳島神社の参道から少し脇に入ったところにある、ロープウェーの入り口。ここから徒歩約10分ほどの場所に、ロープウェーの乗り場である紅葉谷駅がある。

宮島には弥山(みせん)という山があり、ここも観光スポットなのだ。厳島神社とともに世界文化遺産にも登録されている。ブラタモリでも訪れていた。

f0072757_12430520.jpg

紅葉谷駅までは軽い上り道になるのだが、一応無料の送迎バスもある。私たちはバスとのタイミングが合わなかったので、歩いて行くことにした。青もみじの新緑がとても綺麗な自然たっぷりの道を歩く。

まず8人乗りくらいの小さなロープウェーで上り、次に30人くらい乗れる大きなロープウェーに乗り換えて向かうのは、獅子岩駅。

f0072757_18414354.jpg

獅子岩駅近くの展望台から見る景色もかなり絶景なんだけど、ここからさらに弥山の山頂まで歩いて登っていく。

ものすごい激しい登山というほどでもないし、道も整備されている。でも自然の地形を活かした道なので、すごく歩きやすいというほどでもない。アップダウンも多いし段差の大きいところを歩いたりしなければならない。動きやすいスニーカーで、ハイキングよりちょい大変くらいに思って行くのがいいと思う。

f0072757_22214950.jpg

20分ほどで弥山本堂と霊火堂という御堂がある開けた場所に到着。霊火堂には1200年以上燃え続けていると言われている消えずの火というのがあって、恋人の聖地とも呼ばれているそうだ。

ここで一息ついてから、再び出発。登っていくにつれて、大きな岩がどんどんでてくる。この山には巨石がゴロゴロとあるのだ。

f0072757_22294030.jpg

そして山頂の手前にはくぐり岩と呼ばれる、大きな岩でできたトンネルのような場所を通る。ここまで来ると、ついに来た〜!という気分になった。

f0072757_22345063.jpg

霊火堂のあった場所から山頂までは、約10分くらい。

f0072757_22383607.jpg

山頂の絶景を見ていたら、カープ帽の子供が2人、巨石にちょこんと座っていたのが広島らしくて可愛くて。

f0072757_22475533.jpg

この日は乾燥注意報が出るほど空気が乾燥していて、そのおかげで景色がとてもくっきりして遠くまでよく見渡せた。空気も綺麗だと感じたし、ちょっと大変だったけど山頂まで登って良かったなぁと思った。

山頂の景色をしばらく堪能してから、下山。来た道を戻り、獅子岩駅からロープウェーに乗って紅葉谷駅に帰ってきた。

下山してから海を見ると潮がかなり引いていて、もう大鳥居の下まで行っている人がたくさんいた。

f0072757_22570434.jpg

私たちも!と思い、海水の引いた砂の上を歩く。

f0072757_22595949.jpg

鳥居の真下まで来てみると、やっぱり大きい!海水に浸かっていた鳥居の足元にはフジツボがびっしりついていて、ちょっとゾワァ〜ってした。遠くに小さく見えている本殿の足元も、完全に水が引いている。

宮島でやりたいこと、見たいものはすべて終えた。ペナントは最後まで探していたんだけど、見つからなかったのだけが心残りだった。たくさん歩いて山まで登って疲れたので、帰ることにした。

f0072757_23071996.jpg

宮島口までのフェリーに乗って、宮島ともお別れ。1日がっつり宮島を楽しんだ。

広島電鉄の宮島口駅から、路面電車に乗ってホテルの方まで帰る。約1時間ほどかかるけど、乗りっぱなしなのでラクラク。ゆっくり座って寝て帰れた。

ホテルより何駅か前で降りて、夕食を食べに繁華街へ。汁なし坦々麺、牡蠣、あなご飯も食べられたので、あとは広島で一番有名グルメと言ってもいいお好み焼きを食べることに。

f0072757_23145324.jpg

お好み焼きの有名店、みっちゃんへ。人気店はどこも行列ができているだろうと思ったけど、タイミング良くあまり並んでいない時だったので急いで並んだ。2組ほど待って店内へ。

お好み焼きの写真は撮らなかった。お店の人が焼いている鉄板を目の前にしたカウンター席だったので、写真は遠慮した。

注文したものを待つ間も、目の前で手際良く何枚もお好み焼きを焼いていく姿を見ながらだったので楽しかった。

お好み焼きをお皿に盛るか、鉄板から直接食べるか聞かれたので、鉄板からにしてもらった。鉄板からだと最後まで冷めずに食べられるからいいと思ったのだ。

広島のお好み焼きといえば麺が入っている。小麦粉の生地の部分が少ないため、軽くサラッと食べられちゃう感じだった。

夕方からちょっと寒くて身体が冷えていたんだけど、熱々の美味しいお好み焼きを食べられて元気になった。

実はこの日は私、生理の2日目だった。前日の夜になってしまって…。1日じゅうがっつり観光して登山までしたけど、トイレに注意しながら行けば大丈夫だった。ただ、夕方くらいからちょっと頭痛がし始めていた。

ホテルへ帰ったら、翌日には帰路に着くので荷物を片付けながらシャワーを浴びたり次の日の支度をしていった。

疲れもあったし生理でもあって頭痛もしていたし、またすぐに眠くなった。今回の旅では3夜とも珍しく私が先に寝たなぁ。いつもはだいたい夫が先なのに。3日目終了。

[PR]
by anewyearsday | 2018-05-29 22:33 | | Comments(0)
京都法事と広島旅行記〈3日目・前編〉
5月19日(土)。旅行前までの天気予報ではこの日は雨マークが付いていたんだけど、天気がずれ込んで前の晩に土砂降りの雨になり、この日は雲が多いけどいい天気になった。

ホテルから歩いて平和記念公園へ向かう。ここから宮島へ直通で行ける、ひろしま世界遺産航路という船の便が出ているので、それに乗船して宮島へ向かうことにしていた。

宮島口まで電車で行ってからフェリーに乗って宮島へ渡るというのが普通の行き方だとしたら、それよりはお金がかかってしまうけど、初めてだし片道くらいはいいかな〜と思って乗ることにした。

船着場でチケットを買う。おそらく30人くらい乗ったらいっぱいになる船だけど、15〜20分くらいの間隔で船が出ているので、よほどじゃなければ乗れないことは無さそう。

宮島へは45分の船旅。出発してしばらくは結構ゆっくりで、このスピードで45分なのかなぁと思ったら、途中からグィーンとスピードが上がった。そうだよね、地図で見ると結構な移動距離だから、このスピードじゃなきゃ45分じゃ着かないよねと思った。

ずーっと聞こえているエンジン音と船の揺れで、若干眠くなりながらの45分。いや、実際はそれより少し早く着いたかも。無事に宮島に上陸。

船着場から厳島神社の方へ向かうと、宮島口との連絡のフェリー乗り場があった。フェリー乗り場の前も通過し、海沿いの道を歩いて行くと…。

f0072757_18530176.jpg

来ました!海の中に立つ赤い大鳥居。やっぱりこの景色が観てみたかったのよね。いや〜、本物だぁ…。

青空に鳥居が映え、晴れて良かったと本当に思った。雨の予報だったけど最悪曇りでもいいか…とは思ったけど、やっぱり晴れがいい。

まずは厳島神社を参拝。最初に建立されたのはなんと593年で、1168年に平清盛により現在の形に造営された。たいらのきよもりですって⁉︎古すぎません⁉︎

f0072757_21383526.jpg

本当に海の上ににせり出すように建っているんだなぁと、不思議な気分になった。こんなに海の風や潮の香りを感じながらの参拝する神社なんて、初めてかもしれないと思った。

f0072757_21422508.jpg

事前に調べていたのだが、この日の満潮時刻はちょうどお昼頃。それより1時間ほど早い参拝だったけどほぼ満潮に近い状態。夕方には干潮になり、大鳥居まで歩いて行けるようになる。

f0072757_21472988.jpg

御朱印も頂いた。すでに御朱印帳を持っているので買わなかったが、厳島神社の御朱印帳が素敵だったのでちょっと欲しい気分になった。

f0072757_21485525.jpg

どこまでも続く朱赤が綺麗。釘を使っていないという板張りの床も見事。とても美しい神社だなぁと思った。

厳島神社の参拝を終え、お土産やさんが立ち並ぶ参道をペナントを探しながら歩く。たくさんの人が訪れていたし、お昼時だったのでもたもたしていて食事が遅くなると困るので、お昼ご飯を食べにお店に入った。

f0072757_21555380.jpg
f0072757_21562356.jpg

名物のあなご飯!それとカキフライ定食。夫と少しずつシェアしながら、私はあなご飯メイン、夫はカキフライ定食メインで食べた。私は生牡蠣や火が通ってても衣の付いていない牡蠣は苦手なんだけど、カキフライは大好き。カキフライならもっと食べられたなぁ。

食べた後は、厳島神社のそばだけど少し高い位置にある豊国神社へ。豊臣秀吉が建立したけど、途中で死去したため未完成となっている。

f0072757_23163574.jpg

屋根、柱、床はあるのに壁や天井の板が無い。欄間の部分には大きな書などの額縁がたくさん飾られている。その広さから千畳閣とも呼ばれているのだそう。

f0072757_23205900.jpg

天正15年(1587)建立のとても古い建物で、飾ってある絵なども幕末や明治など古いものがあって、こんな吹きっさらしみたいな空間でよく保存されていたなぁと不思議な気持ちになった。

f0072757_23253154.jpg

大河ドラマ好きなもんで、天正何年とか秀吉の死去により未完成〜とか言われちゃうと、あぁあの時代か…と思ってワクワクしちゃう。

千畳閣の隣には五重塔がある。厳島神社からも見える。千畳閣よりさらに古い建物で、形がとても美しく鮮やか。

f0072757_23305401.jpg

この日はまだこれで半分くらい。長くなるので前後編に分けます。続きは後編で!

[PR]
by anewyearsday | 2018-05-28 22:36 | | Comments(0)
京都法事と広島旅行記〈2日目〉
5月18日(金)。午前10時からの七回忌法要に間に合うよう、荷物を持ってホテルをチェックアウト。同じホテルに泊まっていた私の母ともフロントの前で待ち合わせして、夫の実家へ向かった。

七回忌には他の親戚や知り合いなどはおらず、義母、義姉家族、私たち夫婦、私の母のみ。お坊さんが実家に来てお経をあげてくれるスタイル。

義父が亡くなって以来、葬儀や法事のたびにお世話になっているお坊さん。不謹慎なのか?分からないけど、私はこのお坊さんのファンで。久しぶりにお会いしてお経を聞けるのが嬉しかった。声が良いし、普通に話している時は普通のおじさんみたいな話し方になるギャップも良い。

法要が済むと実家に義母と母を置いて、お墓をお参りして卒塔婆を立ててきた。急斜面で舗装されていないような道を上がったところにあるお墓なので、もしかしたらもう少し行きやすい場所に移すのかも…という話もあるらしい。いつになるのかは分からないけど。

実家へ戻ったら私たちは喪服から着替えて、喪服一式は宅配便で送ってもらえるように荷物を整えた。それから義母が用意してくれた料理で、みんなでお昼ご飯。

私の母は東京へ帰るのに、16時何分かの新幹線を予約していた。私たちは広島へ行く新幹線は特に予約していなかったけど、16時台のには乗りたいというつもりでいたので、それに間に合うように実家を後にした。

京都駅に着き、母とはお別れ。新幹線の時間までにお土産など買いたいだろうし、私たちもペナント探しがまだ残っていた。荷物が重たいためコインロッカーに荷物を預け、広島までの新幹線の切符を買った。

そしてここからは先日書いたとおり。京都タワーのお土産やさんにはペナントが売っているんじゃないかと期待して行ったら、綺麗にリニューアルされていて、古き良きお土産やさんは無くなっていた。

がっかりしつつ、ちょっと疲れたので京都駅前の地下街の小川珈琲で休憩。

f0072757_23052027.jpg

京都駅周辺にもお土産やさんはあるが、さすがにペナントのありそうなところは思い当たらず…。あと可能性があるのは、清水寺へ向かう二年坂三年坂や、嵐山など多くの観光客が集まる超有名スポット。しかしもうそこへ行っている時間は無い。

もしかして京都タワーの展望台まで上がったら、古き良きお土産が売っているかも…と念のため上ってみたけど、やはり無かった。景色だけさらっと観ておいた。京都駅八条口側のみやこみちなども覗いてみたけど、無し。京都でのペナントゲットは次回へ持ち越された。

広島へ向かう新幹線はこの日、三島駅で線路内に人が立ち入ったとかで20分ほど遅れて到着した。

京都から広島へは1時間40分ほど。寝ていたのか起きていたのか、何をしていたかあまり覚えていないけど、広島へ到着。やはり20分くらい遅れていた。

広島はものすごい雷雨。雨がザンザン降りだった。駅からは路面電車に乗ってホテルまで…と思っていたけど、激しい雨の中重たい荷物を背負って初めての広島でホテルを探し歩くのは無謀なのでタクシーに乗ることにした。

タクシーを待つ列もかなり長かった。そりゃこの雨だったらみんなタクシー乗りたいだろうし、タイミングが悪かった。

広島の景色も良く分からないままに、やたらと繁華街のど真ん中にあるホテルに到着。安さで選んだホテルだったのでそんな場所だったけど、部屋は広くてここ数年の間にリフォームされていてまあまあ綺麗だった。

部屋でひと息ついてから、雨が激しいけど夜ご飯を食べに出かけることにした。

f0072757_23272227.jpg

広島で有名な汁なし坦々麺のお店、キング軒。ホテルの近隣には数店舗あったんだけど、本通店へ。有名店だから並んでいるのかなぁと思ったけど、雨だったおかげかすぐに席に座れた。

同じ課にいるユニコーン好きの友達がお気に入りな、キング軒の汁なし坦々麺。1辛の並盛りに半ライスを注文。

f0072757_23333566.jpg

なんか、汁なし坦々麺と聞いて想像していたのと違うビジュアル。麺をよくかき混ぜると、山椒の香りがものすごく立ってきた。

ズルズルとすすると、美味しいけど同時に山椒の辛さ。細麺が食べやすいけど、あまり思いっきりすすってしまうとむせそうになるので、かき込むには注意が必要。

これは初めて経験する味。1辛なのに、山椒の辛さがどんどん増してくる。水を飲みながら食べて進めるけど、水の味も変化してしまうほどの山椒の強さ。辛い〜!と思いながらもなんとか麺を完食。

そしたら半ライスを入れ丼に残った坦々麺の汁と、テーブルの上にあるタレと酢を回しかけてよくかき混ぜて食べる。さっきまで口の中がヒーヒーだったけど、ご飯と酢のおかげで少しまろやかになってまた食べられる。

これがキング軒の汁なし坦々麺か…。ものすごいインパクトだった。しかし相当辛いので、もう一度食べようという気になるかどうか?疑問。いや、忘れかけた頃にまた食べたくなるかもしれないな。

実はキング軒の都内の店舗が、私の会社のすぐ近くにある。ユニコーン好きの友達は、ライブを観に広島へ行った時にキング軒に行きたかったけど時間が無くて行けず、でも調べたら東京店が会社の近くにあることを知り、ちょくちょく食べに行っているんだとか。

だからもしまた食べたくなったら、広島へ行かなくても食べられるのだ。でもやっぱり初めては地元で食べられたから良かった。

食べ終わって店を出る頃には雨が止んでいた。ホテルへ帰り、のんびりダラダラ。この日は朝が早かったし、広島観光は次の日がメイン。早く寝よう、と思わなくても眠くて早く寝てしまった。2日目終了。

[PR]
by anewyearsday | 2018-05-27 22:40 | | Comments(0)
京都法事と広島旅行記〈1日目〉
5月17日(木)。旅の始まり。京都へ向けて品川から新幹線に乗車。先日書いたとおり、スマートEXで予約した切符を乗車前にスマートに受け取り、駅弁を買って乗り込んだ。

f0072757_22410050.jpg

こだまで行くことが多い京都、今回はのぞみ。1時間ほど早く着くので、こだま慣れしている私たちにとってはあっという間。

 今回は四条大宮駅近くのホテルに1泊。去年できたホテルのようで、とても綺麗だった。京都は新しいホテルがどんどんできているので、行くたびに新しい所に泊まったりしている。

夕方から義母や義姉たちとご飯を食べる約束があったので、それまでは自由時間。SOU・SOU足袋へ行きたかったので京阪電車で河原町へ。先日も書いたとおり、靴下を買った。

それからこれもまた昨日の記事に書いたとおり、ペナントを探しに新京極通へ。色々なお土産やさんに入りペナントを探したけど、見つけることができなかった。

ペナントを諦めて、バスに乗って向かったのは下鴨神社。

f0072757_23111275.jpg

バス停から近かったのは横の入り口だった。下鴨神社は私たち夫婦が結婚式を挙げた神社。今年は結婚10年目なので、下鴨神社さんにもご挨拶しに行った。

f0072757_23144919.jpg

御手洗社の近くで買える水みくじをやってみた。水に浸すと文字が出てくるおみくじで、大吉だった。おみくじやっても大吉なんて何年も出ていなかった気がする。下鴨さんとは相性がいいのかな。

f0072757_23250792.jpg

結婚式は入籍日から1年弱経ってからだったので、8年半ほど前になるのかな。このあたりで写真撮影をしたのよね。あの時の花嫁衣装は本当に素敵だった〜。

下鴨神社へは何度か行っているけど、御朱印帳を買って集め始めたのは去年の夏の伊勢神宮からなので、まだもらっていなくて。今回は御朱印をもらいたくて下鴨神社を参拝したのだ。

f0072757_00434122.jpg

フタバアオイのグリーンが可愛い。とても達筆で素敵な御朱印。ちなみに下鴨神社は正式には賀茂御祖神社なので、「下鴨神社」とは書いていないのですよ。

目的も果たして、再びバスで移動。待ち合わせ場所の北大路ビブレへ。七回忌に参加すると言って、1人で京都へ来てくれていた私の母ともここで待ち合わせ。

母はこの日、私たちより全然早い新幹線で京都入り。1人で仁和寺や龍安寺など3つか4つくらい寺を巡ってきたという。母は今カルチャースクールみたいなところで仏像の勉強をしていて、仏像を観るのにはいい旅。

母、義母、義姉夫婦と甥っ子が集まり、揃って夕食。話に花が咲いて、食べて飲んでお腹いっぱい。

母は私たちと同じホテルを取ったので一緒にホテルへ帰り、それぞれの部屋へ。気持ちの良い新しく清潔な部屋で1日の疲れを取り、次の日も早いので就寝。1日目終了。

[PR]
by anewyearsday | 2018-05-26 23:30 | | Comments(0)
絶滅危惧種?
去年の夏に伊勢へ行った時、人生で初めてペナントを買ったんだよね。伊勢で買ったけど「鳥羽」と書いてあるやつ。レトロな感じが面白いと思って、ちょっと集めたいなぁという話になっていて。

京都には絶対ベタな感じのペナントがありそうだし、広島には「宮島」とか「厳島神社」とかありそうなので、行く前からワクワクしていた。

京都に着いた日、古い感じのお土産やさんが多く立ち並ぶ新京極通を歩いてペナントを探した。ここにはありそう!と思ったところを覗いてみたけど、なかなか見つからなくて。時間が無くなったのでその日の捜索は打ち切り。

翌日、法事が終わって広島へ向かうために京都駅へ行って、新幹線まで時間があるのでまたペナントを探してみることにした。京都タワーに以前行った時、古いお土産やさんが入っていたのでそこならあるだろうと思って行ってみた。

しかし!京都タワーはここ2、3年くらいの間にリニューアルしていて、めっちゃキレイでオシャレに変わっていた。あの昭和レトロなお土産やさんは、跡形もなくいなくなっていた。

京都タワーなら絶対ペナントありそう…と思っていただけに、リニューアルはショックな出来事だった。その日は時間が無くなり、京都は今後もまた来るからということで今回は諦めた。

そして翌日の広島、宮島。ここはまた古き良きお土産やさんの宝庫だった。厳島神社の参道は、新しいオシャレなお店と昔ながらのお土産やさんがいい感じに混ざりあっていた。

ここにはあるだろう!と思えるような出で立ちのお店には必ず入り、店内を見回した。しかし、無い!ペナントはどこにも見かけることができなかった。

 最近多いのはミニ掛け軸みたいなタイプのやつ。みうらじゅんのいやげものでも紹介された、黒ベースにキラキラした刺繍が入ったものが主流になっているようで、それはどこでも見かけた。

しかし私たちが探しているのは、横長の三角形のオーソドックスなペナント。これが本当に全然無かったのだ。

京都の新京極で探していた時、夫が一件でお店の人にペナントありますか?と聞いた。最近はもう無いねぇ〜というようなリアクションだったので、ペナントがあることはかなりレアなんだろうなぁと感じた。

長時間いた宮島でもやはりペナントを見つけることは出来ず、今回の旅でのペナント捜索は終了した。あれだけペナントがありそうなお店を探したのに無いとは、もう絶滅しかかっているということだろう。でもそうなると、ますます探して手に入れたくなる。

今後も旅先でのペナント探しは継続するとして、今回の旅でペナントを手に入れられなかった悔しい気持ちの慰めに、1つお土産を買ってきた。

f0072757_23185011.jpg

厳島神社の大鳥居の形をしたマグネット。右は厳島神社のお札。

冷蔵庫に色々なマグネットを貼っているので、せめてペナントの代わりにそれを増やそうということで。
 
f0072757_23230988.jpg

うん、可愛い。溶け込んでる。

[PR]
by anewyearsday | 2018-05-25 22:44 | 日記 | Comments(0)
SOU・SOUで靴下
昨日の記事で京都では特にお土産を買わなかったと書いていたけど、それは食べ物のこと。SOU・SOUで靴下を買ってきた。

f0072757_12432982.jpg

普段は黒やグレーの靴下ばかりなので、明るい色を。しかしここでも、最近集まりがちな辛子色をつい買ってしまった。差し色としては可愛いけど、柄がちょっと秋っぽいかな。

カラフルで華やかな柄のテキスタイルが多いブランドなのに、やっぱり自分の好み的に地味めのものを選んでしまう。他に黒地に柄と、グレー地に柄の靴下も選べずに悩んだのでとりあえず買った。

黒は友達の、グレーのは母へのお土産にすることにした。今回私の母が七回忌に行きたいと言ってわざわざ京都まで来てくれたので、私からのお礼の意味も込めて。もう京都で渡してきてしまったけど。

私が靴下を買っている時、フランス人らしきカップルがいて、女性の方が真剣に靴下を選んでいた。たくさん買っていたようなので、自分のだけでなく友達にあげたりするのかな。SOU・SOUは外国の方にも人気。

[PR]
by anewyearsday | 2018-05-24 12:40 | 日記 | Comments(0)
京都土産は頂きもの
今回の旅行の第一の目的は、夫の父の七回忌で京都の夫の実家を訪れることだった。喪服を持って行ったんだけど用が済めば邪魔になってしまうので、夫の実家から宅配便で送ってもらうことをお願いしておいた。

荷物が昨日の夜に届くようにお願いしてあったんだけど、思っていたより早い時間に来てしまったらしく不在届が入っていた。当日の再配達の受付が終了した後だったので、今日の夜に再配達してもらってようやく喪服が返ってきた。

こちらがお願いした喪服の他に、義母や義姉が私たちにくれたお菓子も一緒に送ってもらった。お菓子が届くことが分かっていたので、京都では特にお土産を買わなかった。

f0072757_20360333.jpg

それに七回忌で色々な人からいただいたのであろうお菓子や果物、義母の作った佃煮なども入っていた。美味しそうな生和菓子…嬉しい。

[PR]
by anewyearsday | 2018-05-23 20:24 | 日記 | Comments(0)
スマートEXで乗車
今回の旅行では初めて、JRのスマートEXというのを利用してみた。新幹線の切符の予約がスマホからできるというもので、ICカードを登録すれば切符も無しに乗ることもできる。

2人以上の場合はICカードは無理で、切符を発券して乗るしかないんだけど。今回は早割を利用するためにスマートEXにした。自分の乗りたい時間や区間が早割の対象となっていれば、普通に切符を取るよりもかなりお得。旅費の節約にもつながった。

初めての利用だったので、乗車直前でスムーズに切符が発券できるか少々不安だったんだけど、なんて事もなく簡単に発券できた。

スマートEXに登録する時にクレジットカードを登録して、切符を予約する時にはそのクレジットカードで決済する。切符を受け取る時はそのクレジットカードが必要になるので、忘れずに必ず持っておく。

スマートEXにログインする時のパスワードを覚えておき、乗車前になったら新幹線乗り場の近くにある発券機の前へ。

f0072757_12430364.jpg

新幹線乗り場や改札の近くには、こういう発券機が置いてある。写真のは広島駅のもので、品川駅にも同様のものが置いてあった。

「きっぷ受取」のボタンを押し、クレジットカードを入れてスマートEXのパスワードを入力すると、予約してある切符の種類が表示される(いくつか予約があるとその分)。受け取りたい切符を選択して、発券。出てきた切符とクレジットカードを忘れずに受け取り、完了。

簡単、スムーズ。まさにスマート。これを利用しているだけで、格好良くてちょっといい気分。

予約した切符は乗車当日ではなく事前に受け取ることもできるみたいなので、事前に手元に切符が欲しい人はそれでもいいと思う。複数人の旅行で、切符をそれぞれに渡しておきたい場合はそうなるかな。

でも予約は直前まで変更が可能なんだけど、一度切符を受け取ってしまうと万が一変更したくなった場合にややこしくなるみたいなので、そういうことも考えるなら乗車前の受け取りが良さそう。

また機会があったら、是非スマートEXを利用したい。

[PR]
by anewyearsday | 2018-05-22 18:20 | 日記 | Comments(0)



40代夫婦2人暮らし たぶん無趣味 …since2006.02
by anewyearsday
カテゴリ
日記

映画
テレビ

インテリア
整理収納
服・靴
植物

ヘンプ
かぎ針編み
棒針編み
ポエム
お知らせ
私について
最新の記事
効き目<見た目
at 2018-11-14 19:19
フランス製マフラー
at 2018-11-13 19:23
老眼鏡を買いに行く
at 2018-11-12 22:49
10周年
at 2018-11-11 23:45
休日の朝の猫
at 2018-11-10 18:48
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
記事ランキング
画像一覧
検索
最新のコメント
はじめまして、森田です。..
by mrknnumber1 at 14:26
れいこ様>ご心配ありがと..
by anewyearsday at 02:42
れいこ様>「無理のない人..
by anewyearsday at 21:59
れいこ様>初めまして。遠..
by anewyearsday at 22:20
広川様>>初めまして。 ..
by anewyearsday at 20:55
ブログジャンル