カテゴリ:テレビ( 83 )
面白いものが同じ
結婚して10年になる私と夫。同じ会社で知り合ったけど、部署も違うし一緒に仕事をする機会はあまり無かった。2人でご飯食べに行くようになってから付き合い始めるまでが1ヶ月くらい。付き合ってから結婚までが1年1ヶ月。

結婚前に性格や好みなど何から何まで知ってから結婚したわけではなく、うまく行くような気がしたから一緒になった。そして今まで一緒にいてみて、現時点ではその直感は合っていたと言って良いのだろうと思う。

その2人が最近になって面白い!という感覚が一致したもの。

f0072757_12422299.jpg

テレ東で木曜の深夜に放送しているドラマ、「デザイナー渋井直人の休日」。光石研が…!良いんだよね。

住んでいる家や使っている道具は嫌というほどオシャレで。服装も52歳の男性としては可愛らしくオシャレ(ちょっとぶりっ子系の男性ファッションで、私はあまり好きじゃないけど)。

そんなオシャレな生活をしているけど、意外と小心者だったり。独身なので、若い子女の子とちょっといい感じ(なんならやれそう)になりそうだとすぐにウキウキする。なのに結局いつも勘違いや空回り。

きっとオシャレな名前の職業や肩書きのある人って、意外とこういう人が多いのかも。これってあるあるネタなのかもね、と夫と話していた。

原作者は渋谷直角という人らしいのだけど、この人の他の作品のタイトルを見たら、「カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」とかあって。あ〜いるいる〜的なタイトルだったので、やはりあるあるネタなのだろう。

小心者なおじさんを演じる光石研がピッタリで。こういう役やったらバッチリハマるなぁ。去年NHKで放送したドラマ「フェイクニュース」の時も、いい感じだった。「直虎」の時の明智光秀役も良かったけどね。

あと最近2人が面白いと思ったのが、お笑い芸人の永野の「クワバタオハラがおったらそこはもう大阪や」っていうネタ。

f0072757_00413770.jpg

「クワバタオハラがおったら」

f0072757_00415567.jpg

「そこはもう」

f0072757_00421584.jpg

「大阪や〜」

クワバタオハラっていうチョイスが良くて。最近世の中に、ベタな大阪をいじる動きがあるような気がして、これもそういうネタだと思う。初めて観た時に2人とも面白くて笑った。

f0072757_00453942.jpg

「クワバタオハラがおったらそこはもう」

f0072757_00461021.jpg

「大阪や〜」

長く一緒にいると好きなものの傾向が似てくるのもあるだろうし、お互いに寄せていってるというのもあるだろう。でもその場でパッと瞬発的に面白いとか良い!とか好きだとか感じるのって、やっぱり嗜好が合っているんだろうなと思う。

by anewyearsday | 2019-02-06 23:35 | テレビ | Comments(0)
真田丸脳
昨夜から始まったフジテレビのドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」。

f0072757_23192768.jpg

主演の竹内結子と出演している中川大志は、3年前の大河ドラマ「真田丸」では淀殿(茶々)と豊臣秀頼で親子の役だった。

それもあってちょっと観ていたら、阿茶の局だった斉藤由貴も出ていた。「真田丸」度が高いドラマだな…と思っていたら、来週の予告に石田三成だった山本耕史も出てきた。

これは制作の中に「真田丸」ファンの人がいるな…と思っていた。

はたまた今夜から始まった、TBSのドラマ「メゾン・ド・ポリス」。

f0072757_23330342.jpg

ここに「真田丸」で豊臣秀吉だった小日向文世と本多正信だった近藤正臣が出るので、これは観ねば!と思った。

このところ「忘却のサチコ」や「こんな夜更けにバナナかよ」を観て馴染みのある、高畑充希が主演だし。

そしたら「真田丸」で大野修理だった今井朋彦も出ていて、こっちも「真田丸」度が高いな…と思った。たいてい豊臣方と徳川方が一緒にいる。

3年前の大河ドラマなのに未だに「真田丸」の時の役で見てしまうくらい、私の中では色褪せない伝説のドラマ。

この2つのドラマはちょっと観ていきたいな〜と思っている。

それと日テレで先日始まった「3年A組」も、気になって観た。

f0072757_23373615.jpg

こっちは一昨年の大河ドラマ「おんな城主直虎」で、井伊直政だった菅田将暉だけどね。

このドラマは結構残忍な感じの主人公で内容が過激なので、こんなのやって大丈夫なのかな?と思ったりするけど。これも観ていきたい。今回のクールもわりとドラマを観そうだ。

役者さんをいちいち自分が観た過去の大河ドラマでの役で見てしまい、誰(戦国武将)と誰(戦国武将)が仲良くしてる〜とか思っちゃったりしてる。それが面白いんだよね。

ところで大河ドラマと言えば、今年の「いだてん」。第1回の放送は観なかった!さすが大河ドラマと思うくらいキャストは豪華だけど、題材にどうしても興味が持てなくて、去年から観ないと決めていた。

3年連続で大河ドラマを観ていたので、日曜の夜がちょっと寂しくなるなぁ。ここ数年で色々な大河ドラマを観たけど、結局は戦国時代ものが私にとっては一番面白いかなぁと思う。だから来年の明智光秀主役の「麒麟がくる」は楽しみだ。

楽しみと言えば、今年、12年ぶりにテレ朝の「時効警察」が放送になるという情報が出た。夫も私も好きなドラマなので、これは楽しみ〜!いつの放送になるかはまだ発表されてないみたいだけど、早く観たい!

今年に入ってもやはり、色々なドラマを楽しみたい。

by anewyearsday | 2019-01-11 23:17 | テレビ | Comments(0)
最後の西郷
昨日までの大掃除が良いペースで進んでいて、年内の残り日数で充分終わりそうだと先が見えてきたので、今日はちょっとお出かけしようかな〜と思った。

お化粧して着替えて出かけよう〜と玄関を出たら、弱い雨が降っていた。天気は下り坂だと聞いていたが雨が降り出すのは夜だと思っていたので、えっ!もう?と思って一旦戻った。

ベランダに干していた洗濯物があったので、室内へ取り込んで部屋干しにしていたらもう出かける気がしなくなった。買う目的のものもあまり無く急ぐものも無かったので、無駄にお金を使うだけだし…と思って出かけるのをやめにした。

せっかく時間があるので、そろそろ始めなければならない年賀状の準備をすることにした。来年の年賀状はもうネタは決まっているので悩まないんだけど、デザインを始めないと進まない。久し振りにパソコンを出してレイアウトをした。

今日はまだ出来上がりには遠くて、素材を集めたに過ぎなかった。あとは少しずつ時間のある時に進めて行こうと思う。

今日は1年間観てきた大河ドラマ「西郷どん」の最終回だった。歴史に詳しくなくても名前を知っている西郷隆盛という人が、何をした人なのか、どういう人なのか、なぜ有名なのかなど、知りたくて観ていた。

脚本についてはかなり批判があり、史実と違うとか西郷さんに深い関わりがあるのにこの人出てこないの?とか、この歴史上の大きな事件があっという間に終わったとか、Twitter上では色々と言われていた。私はそこまで詳しくないので、そういうことはあまり気にせずに観ていけた。

みんなが言うような人物を出していたり、歴史上の事件の1つ1つをじっくり取り上げていたら、1年間の大河ドラマではとても尺が足りない。実際最後の西南戦争もめちゃくちゃ駆け足だったし。幕末から明治の色々なことが起こった時代を生きていた西郷さんを描くには、1年間では足りないのだろう。

ただ、徳川慶喜の側室がこんな事言うか!とか、たまに女性が重要なこと言いましたみたいな展開が出てきて、私はそこに嫌気がさしてしまった。あとは、これは私がいけないんだけど、役者さんの顔を覚えきれず、これ誰だっけ?ということがよく起こった。

結局1年間観ても、西郷さんのことはよく分からなかった。全ての民に対して優しい人なのに戦となると人が変わるところや、何度も隠居しようとするのに何度も引き戻されてしまうところ。何がしたかったのかなぁという印象になってしまった。

主人公をヒーローとして良く描こうとするあまり、周りの人物がダメに見えるような描き方がされているのかな?というのを時々感じた。それなのに、西郷さんのすごさというものがあまり伝わってこなかった。

大河ドラマの最終回では主人公の最期が描かれるんだけど、色々なものを読んで知っていた最期とは違っていた。もちろん歴史は色々な解釈の仕方があると思うが、明治時代なら残っている記録は正しいものだろうし、そこを変えてきたのは何でなのかな?と疑問が残った。

西郷吉之助(隆盛)を演じた鈴木亮平は、役になり切った身体作りが素晴らしかった。もちろん演技も良かった。脚本に気になる部分があっても、鈴木亮平の演技でなんとかなってしまうことが結構あった。

大久保利通を演じた瑛太も良かった。西郷さんが亡くなった8ヶ月後の大久保の最期も演じた。最初の頃は島津斉彬役の渡辺謙に目が行きがちだったけど、最終的には島津久光を演じた青木崇高が良かったなぁという印象が残った。

まぁ何にせよ大河ドラマには、1年間最後まで見届けられたという達成感と喜びがある。1人の人物に関して1年間学び続けることが出来るというのは、大河ドラマじゃないとなかなか出来ないことなので。

今年も1年、楽しませてもらいました。

by anewyearsday | 2018-12-16 23:32 | テレビ | Comments(0)
再来年の予習
地元の本屋に寄ったら、久し振りに歴史雑誌買ってしまった…。

f0072757_21352786.jpg

明智光秀!2020年の大河ドラマの主人公。いいですか?来年じゃないですよ、再来年ですよ。気が早いったら。

でも来年の大河ドラマは前の東京オリンピックが題材のお話で……、歴史好きとしてはどうも触手が動かない。始まる前から観ないと決めている。大河ドラマに関しては近代はちょっと新しすぎるなぁと感じる。やっぱり戦国時代とかが観たい。

家には歴史系雑誌はたくさんあるし、読みたい小説も何冊か待機しているけど、再来年までに勉強しておけばいいから気長に待って読もうと思う。

現在、NHKのBSプレミアムで2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」が再放送されているのを観ているんだけど、その中にも明智光秀が登場する(今はもう退場しているが)。

演じていたのは噺家の春風亭小朝で、その光秀がかなり良い!と私的には思っていた。光秀の表情や言動には苦悩が表れていて、信長を討つに至る経緯がよく分かった。

再来年の明智光秀は長谷川博己が演じるんだけど、それもまた楽しみに待ちたい。すでに再来年に楽しみがあるのは嬉しいことだ。東京オリンピックは別に楽しみじゃない(むしろ不安しかない)ので。

大河ドラマと言えば、今年の「西郷どん」もあと残り3話となった。いよいよ西郷が命を落とすことになる西南戦争が始まる。話数が少ない気もするが!

最初から批判の多かったこのドラマ、確かに何だか分からないけど物足りなさはずっとある。歴史に詳しい人は史実と違う!と怒っていたり。私はそこまでではないので、ドラマとして楽しんでいるけど。

でも今まで色々な歴史系ドラマや映画を観てきたけど、ほとんど幕末で終わっちゃう話ばかりで、明治初期というのは私にとっては未知の部分だった。初めて知ることが多くて、明治編に入ってからは興味深く面白く観ることが出来ている。

終わりまでしっかり見届けたい。

by anewyearsday | 2018-11-28 21:33 | テレビ | Comments(0)
大河主役やって欲しい人
前クールにテレビ朝日で放送してた「dele(ディーリー)」というドラマを毎週録画しておいたんだけど、なかなか観られなくて最近になってようやくちょっとずつ観ているのだが、これがなかなか面白い。

f0072757_00450177.jpg

内容が面白そうというのもあったけど、最近になってものすごく気になり出した山田孝之が出ているから、それで観たいと思った。

今年、再来年のNHK大河ドラマの主人公が明智光秀(主演は長谷川博己)に決まったと発表があった頃、歴史好きの後輩と「今後大河ドラマの主役をやって欲しい俳優」について話し合っていた時のこと。

なかなか思い付かなかった時に後輩が言った、山田孝之という答えにかなりしっくり来て。思いっきり「観たい!」と思った。

あの濃い顔、ヒゲ面も似合うし、甲冑も似合うだろうし、いかにも戦国武将!っていう感じの顔をしてる。「信長協奏曲」の時は秀吉の役をやってた。でももっと荒々しい感じの武将だなぁ。

そんな話をしてから山田孝之が気になってしまって、でもそう言えばこの人の出演した作品ってあまり観たことが無かったなぁと思っていた。その矢先に「dele」に出ることが分かったので、これは観なきゃと思った。

話は違うけど、今回のクールで出ている役者さんで観たいなぁと思ったドラマが「獣になれない私たち」。ガッキーじゃなくて松田龍平が観たくて。

どうでもいい話だけど、最近ドラマを観ているとたいてい寝落ちしてしまう癖がついてしまって…。本当にちゃんと観たいドラマは録画しておくと安全。

by anewyearsday | 2018-10-18 23:32 | テレビ | Comments(0)
習慣になるかどうか⁉︎
43年生きてきて、今まで一度もNHKの朝ドラを観たことがなかった私。しかしなんと、先週から始まった安藤サクラ主演の「まんぷく」を観ている!

f0072757_23164253.jpg

近年は朝ドラがよくブームや話題になっているけど、観ようとは一度も思わなかった。そしてこれからも観ることはないと思っていた。

たぶん女性主役のストーリーってところにあまり惹かれないのと、若手の女優さんに対してそんなに観たい!と思わないからだと思う。

だけど今回の朝ドラのヒロインは、今年観た映画「万引き家族」から注目している安藤サクラ。何となく、観てみようかなぁと思った。

今まで朝ドラを観てきていないので、善し悪しがまだイマイチよく分からない。序盤だから安藤サクラが年齢よりかなり若い役を演じていると思うので、妙に子供っぽくて違和感を感じている。

朝ドラのヒロインっていつももっと若い女優さんのイメージがあるので、安藤サクラじゃ年齢行き過ぎじゃ…?と思った。でもまだ32歳なのね。もっといってると思っちゃってた。ゴメンナサイ。

去年子供を出産したばかりで乳児がいるので、朝ドラのオファーが来た時にとても悩んだんだそう。でも家族達の激励とNHK側からの協力の約束があり、やることになったんだとか。子供をスタジオに連れて子育てしつつ、撮影をしているらしい。

平日の朝8時から15分間ドラマを観るという習慣は、今のところそれほど難しくはない。私の場合、ちょうど朝ご飯の支度をして食べているくらいの時間に当たる。

テレビの前から動かないわけにはいかないけど、ちょっとくらい見逃したシーンがあってもそんなに影響は無いかなぁと思う。15分だけならそんなに話が進まないと思うし、再放送もあるし。

とりあえずちょっとしばらく観てみようと思う。

by anewyearsday | 2018-10-10 23:13 | テレビ | Comments(0)
狩野探幽!
今夜の「Qさま!」は、「歴史のプロが選んだ!江戸・東京の全てがわかる!徳川将軍ベスト7から出題3時間SP!」という長いタイトルのスペシャルだった。

f0072757_22365707.jpg

クイズ番組は好きな方なんだけど、その中でも「Qさま!」は問題のレベルが高くて面白い。レベルが高すぎて全然分からないこともあるけど観たら勉強になるので、忘れていなければ時々観る。

今日の問題は徳川将軍から。番宣CMを観てこれは面白そうなので絶対に観たい!と思っていた。
 
f0072757_22422482.jpg

以前の私には苦手だった歴史問題も、今の私なら答えられる問題もけっこうある。こういう時、私、力がついたなぁと実感する。歴史問題じゃなくても、たまたま知ってたりまぐれで当たったりする。

クイズ番組って実際にあの場所で答えるのは緊張したり早押しだったりしてすごく難しいんだろうけど、家でテレビ観てたらけっこう答えられるから自分が頭良くなったような気がしちゃう。

今日の最後の優勝が決まる問題の答えが「狩野探幽」だったんだけど、もし私がその場に残っていたら私優勝してたかも!答えられた。まぁ…偶然だけど、最後の問題に正解して気持ち良かった。

(ちなみに狩野探幽とは、江戸時代初期に活躍した絵師。二条城の障壁画などの作品が有名で、私はそれで知っていた。)

by anewyearsday | 2018-10-01 22:29 | テレビ | Comments(0)
知らなきゃいけないこと
今のクールのドラマは、TBS日曜9時の「この世界の片隅に」を観ている。面白いと言っちゃいけないような戦時中の話なんだけど、とても興味深くて引き込まれる。

f0072757_12470866.jpg

何年か前にアニメ映画にもなっているんだけど私は観たことがないので、ストーリーの予備知識は全く無し。その映画と今回のドラマとの間で、パクリなのかオマージュなのかみたいな問題が起こっているみたいだけど。今話題の「カメ止め」で起こっているようなやつかな。

最初観始めたのが主人公が知らない男と結婚することになり、その家に行って家族同士顔合わせしているところあたりだった。小姑にあたる尾野真千子のイヤミ〜な感じがすごい良くて。あまり古くないけどプチ時代物という感じで、観たいなぁという気持ちが湧いた。

言葉を聞いていたら広島だな…と分かり、第二次世界大戦中の広島ということは話が進めば原爆の投下もあるだろうと思った。私は今年初めて広島を訪れ原爆ドームや資料館へ行ったりもしたので、このドラマは観ておきたかった。

夫が戦死したという若い奥さんも当たり前にいたり、終戦が近くなると毎日すごい頻度で空襲が来たり。不発弾が近くで爆発して主人公は右手を失い、一緒にいた姪っ子が亡くなるという、戦時中の容赦ない悲惨な状況を次々に見せられる。

でもそれが現実としてあったんだよなぁと、現代との違いを重く実感する。そして、自分が戦争についてあまり知らないことも感じる。

私の親でさえ戦後生まれ。身近な人で戦争を経験したのは祖父になるけど、祖父はもう亡くなっていて今さら聞くこともできない。

一緒に暮らしていた父方の祖父が亡くなり祖父の遺品を整理していた時、アルバムが出てきた。そのアルバムには戦時中の写真があり、何も無い地面に遺体が横たわっているのを遠くから写したものもあった。そういう光景が、この時代にはあったということだろう。

以前テレビで誰かが、世の中が戦争を知らない人だけになったらまた戦争を起こしてしまうんじゃないか、それが怖いと言っていた。いかに戦争はダメだ!と聞き学んでいても、どれほど怖いことなのか悲惨なことなのかは経験していないから分からない。

私も恥ずかしながら本当に無知なので、戦争のことについてもっと知りたくなっている。歴史好きになって大河ドラマを観たりして、戦国時代や幕末のことばかりに詳しくなってきている。でももっと近代のこと、明治大正昭和に起こった戦争のことにも目を向けなければいけないなぁと思った。

調べすぎるとちょっとおかしくなりそうだから、根を詰めない程度に…。先日映画「私は貝になりたい」を観たら、重くて辛い気持ちになった。

「この世界の片隅に」は、戦時中の普通の人の暮らしが分かるのがいい。物資が少ない中、ご近所同士協力し合っている姿とか。

主人公のほわんとした感じもいいけど、さっきも書いた通り主人公の義姉の尾野真千子もいい。ちょっとキツいけど悪い人じゃないし。演技が素晴らしい。

それと嫁いで来た家のご近所の、主人公の夫の幼なじみの顔の丸い女の子、この女優さんもとてもいい。以前深キョンと松ケンの「隣の家族は青く見える」にも出ていたけど、その時からこの子良いなぁ上手いなぁと思っていた。

昨日の回では終戦を迎えたところで、敗戦を知った主人公は「まだ戦えるじゃろ!」と怒りを爆発させる。きっと、何年も自分たちを苦しませてきた戦争がこんな形で終わってしまうのかと思ったら、悔しくてたまらなかったのだろう。こんな気持ちも、当時の人にしか分からない。

次回はもう最終回。終わっちゃうのがちょっと寂しい気もするけど、私に戦争のことをもっと知ろうと思うきっかけをくれた作品に出会えて良かったと思っている。

by anewyearsday | 2018-09-10 18:34 | テレビ | Comments(0)
予習
来週の始めから夏休みで、いよいよ黒部ダムへ向けて出発する。まだ先だぁと思っていたが、忙しくしているうちにあっという間に近付いてきた。

先週仕事が忙しくなる少し前に、水曜どうでしょうのDVDを観ていた。初期の頃の企画でサイコロの旅というのがあって、その中で立山黒部アルペンルートを通っていたことがあったなと思って、行く前に確認しておこうと思った。

f0072757_01001246.jpg

立山黒部アルペンルートを利用しているのは、「サイコロ4」の中で。大泉くんの「登山家」というキャラが生まれたあの回。

私たちが行くのとは逆で、どうでしょう班は富山側から長野側へと抜けている。トロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイなどを乗り継いで、時間をかけての移動。他の土地もあちこち移動してきてからのここなので、辛そうだった。

それと季節が冬の始めくらいで、寒そうだし人が全然いなくて閑散としていた。私たちが行く時は夏休みだし、きっともっと賑わっているだろう。

そして去年の録画を消さずにとっておいた、ブラタモリの黒部ダムの回も観た。行った時に見落とさないように、見所を抑えておきたかった。

これで予習もバッチリ。ワクワクしてきたなぁ。

by anewyearsday | 2018-08-16 23:57 | テレビ | Comments(0)
ブループラネット
このところNHKで「ブループラネット」という番組が時々放送されている。海に生きる生き物たちの姿をとらえた自然ドキュメンタリー番組なんだけど、この番組の映像がものすごくて。

深夜にテレビのチャンネルを回している時にたまたま第1集の再放送に遭遇し、深夜でそろそろ寝ようと思う時間だったのに、夫と共に思わず見入ってしまって。

そして第2集の放送が昨夜だったから、これはリアルタイムで観た。観たがっていた夫は仕事だったので、録画しておいた。

f0072757_19342269.jpg

映し出されているのは、海の中の生物たちのありのままの姿。どうやって撮影したの⁉︎と思ってしまうくらい生物たちに接近していて、それなのに何故普段の姿を見せてくれるのか、観れば観るほど謎。

あまりに不思議だったので、NHKの「ブループラネット」の公式サイトを観てみたら、まず潜水技術が向上したことによって長時間潜れるようになったし、潜っている時に出る泡も小さくなって生物たちを驚かせずに済むらしい。

また、カメラが小型化したことで、サメやクジラなどの背中にカメラを取り付けて撮影することも可能になったんだとか。すごいなぁ。だとしても人間のカメラマンも水中で撮影していると思うので、この番組のメイキング映像を見てみたいと思うくらいだ。

映像が信じられないくらい綺麗で色鮮やか。海中や生物たちの身体がこんな色とりどりだなんて驚き。知らない海の中の世界に、ただただ感心するばかり。

すごく綺麗なんだけど、大群恐怖症の人はちょっと観られないかも。魚の大群とかサンゴの産卵とか、結構ゾワっとするものがあるよね。

第3集の放送も来月にあるみたい。是非観たいなぁと思っている。

by anewyearsday | 2018-06-04 19:27 | テレビ | Comments(0)



40代夫婦2人暮らし たぶん無趣味 …since2006.02
by anewyearsday
カテゴリ
日記

映画
テレビ

インテリア
整理収納
服・靴
植物

ヘンプ
かぎ針編み
棒針編み
ポエム
お知らせ
私について
最新の記事
もうけもんワンピ
at 2019-02-19 22:50
久々グリーン
at 2019-02-18 23:56
春用ロンT
at 2019-02-17 23:52
TUTAYAプレミアム
at 2019-02-16 23:57
分厚いチラシ
at 2019-02-15 19:16
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
記事ランキング
画像一覧
検索
最新のコメント
私も、まんが日本昔ばなし..
by kopuhana at 22:44
はじめまして、森田です。..
by mrknnumber1 at 14:26
れいこ様>ご心配ありがと..
by anewyearsday at 02:42
れいこ様>「無理のない人..
by anewyearsday at 21:59
れいこ様>初めまして。遠..
by anewyearsday at 22:20
ブログジャンル