ゲリラが長い!
今日は夫と一緒の休日だったんだけど、今年に入ってから私も夫も色々と買い物してしまいお出かけしてももう買い物できないので、家でのんびり映画を観ることにした。

一緒にTSUTAYAへ行ったんだけど、観たいと思っている映画がまだレンタル始まってなかったりして夫の観たいものがなかった。そこで、私が観たいなぁと思っていたものを借りることにした。

キューバ革命を成功させたチェ・ゲバラのことを描いた2008年の映画、「チェ  28歳の革命」と「チェ  39歳別れの手紙」を観た。2本合わせて4時間半もある長い映画だった。

以前、世界の独裁国家を調べていた時(何故⁉︎)にキューバが挙げられていたのを覚えていた。カストロ議長という名前は、そういえば聞いたことがあるなぁと思った。そしてキューバと言えば、チェ・ゲバラがキューバ革命を起こしたのもいつの頃だかに知った。

革命って独裁国家だった国が民主化を求めて起こすイメージがあったので、キューバは革命を起こしたはずなのに何故独裁国家になったのだろう?と疑問に思うようになり…。

さらに去年、仕事中にいつも聞いているラジオで、チェ・ゲバラの写真展か何かの宣伝が流れているのを毎日聞いていたら気になってきてしまい、キューバ革命やチェ・ゲバラやカストロ議長のことについて色々と調べていた。

調べていたらますます興味が湧き、映画があることを知ったので観てみたいと思っていた。

「28歳の〜」の方は前編といったところで、キューバ革命を始めてほぼ成功しそうなところまで。「39歳〜」は後編で、キューバを離れてボリビアでゲリラ戦をしていて、敵兵に捕らえられて射殺されるまでを描いた内容になっていた。

内容がなかなか難しくてついていけなかったり、外国映画にありがちなんだけど、誰が誰だか見分けが付かなくなったり、観るのも結構大変な映画だった。途中何度も寝そうになったり…。

私が知りたかったのは、アルゼンチン出身のゲバラが何故他国の革命に尽力したのかとか、2度の結婚のこととか、何故キューバを離れたのかとか、どんな道を辿りどんなことを考えていたのかだったんだけど、この映画ではあまりそれが分かることはなかった。

特に後編はゲリラ戦のシーンがとにかく長くて。どんどん劣勢になっていくし、観ていてしんどいものがあった。何のためにそうしているのか、彼の言葉や気持ちをもっと知りたかった。

でもまぁ勉強になったし、こんなに長い作品を観られる時間もなかなか無いので、観て良かったと思った。

この記事のタイトルは、千鳥ノブの「クセが強い!」的な読み方で。

[PR]
by anewyearsday | 2018-01-13 23:56 | 映画 | Comments(0)
<< 戻ってきた年賀状 みどじる >>



40代夫婦2人暮らし たぶん無趣味 …since2006.02
by anewyearsday
カテゴリ
日記

映画
テレビ

インテリア
整理収納
服・靴
植物

ヘンプ
かぎ針編み
棒針編み
ポエム
お知らせ
私について
最新の記事
トロフィー
at 2018-07-16 23:32
意味不明な4時間
at 2018-07-15 20:26
暑い夏のランチ
at 2018-07-14 13:23
実話だったとは
at 2018-07-13 21:45
ダメ女とクズ男
at 2018-07-12 21:05
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
記事ランキング
画像一覧
検索
最新のコメント
はじめまして、森田です。..
by mrknnumber1 at 14:26
れいこ様>ご心配ありがと..
by anewyearsday at 02:42
れいこ様>「無理のない人..
by anewyearsday at 21:59
れいこ様>初めまして。遠..
by anewyearsday at 22:20
広川様>>初めまして。 ..
by anewyearsday at 20:55
ブログジャンル