湯治
昨日の脚の疲れを引きずったままで今日も仕事で疲れて、9時に帰ってこれたのにどぉーっと疲れていた。蒸し暑くなってきて会社でクーラーを使う日が多くなり、脚がだるくなるのは仕事での作業疲れもあるけどクーラーのせいもあると思う。で、もう昨日から入りたいと思っていたお風呂に入ることにした。

たっぷりお湯を溜め、Luxスパモイストを入れ、ゆっくりと浸かった。足の裏やかかとやふくらはぎなどを入念にマッサージした。狭くて脚が伸ばせないバスタブだけど、やっぱりお湯に浸かるのは気持ちが良く、身体が温まってすっきりした。

温泉や銭湯などの大きな湯船ではなく、取り急ぎ家のお風呂に入ったけど、何だか温泉入りに行きたいなぁ〜。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-06-09 23:53 | 日記 | Comments(0)
浸かりたい
ああぁ…、疲れて脚がだるい。お風呂に浸かりたいなぁ〜。私は毎日シャワーで済ますので、たまにしか湯船に入らない。追い炊きが出来ないから水がもったいないし、湯船が狭くて脚が伸ばせない。でもこうして疲れているときは湯船に浸かって、疲れを取りたいと思う。

会社の子が去年自宅のお風呂の工事をしている間、近所の銭湯に通って以来はまっているらしく、たまに行っているという話を聞く。あまり人と一緒にお風呂にはいるのは好きではないけど、通える銭湯があるのがうらやましいと思った。私も実家にいる頃、湯沸かし器が壊れて近所の銭湯に2日続けて通って、その時は銭湯通いが2日で済んでほっとしたけど、今となってはたまに行きたいなと思うようになった。

私の住む区は東京都内でも天然温泉が湧くことで知られていて、温泉の銭湯がたくさんある。といっても私の家からはそれなりに時間がかかるので、歩いてちょっとお風呂へ…という感じでもない。温泉旅行に行くのもいいけど、いいお湯に浸かれるのはその時だけだし。ちょっと、近所に探してみようかな。広い湯船に浸かりたいよ。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-06-09 00:57 | 日記 | Comments(0)
少女漫画
私は少女漫画が好きで、小学生の頃から少女漫画の月刊誌を毎月2冊ほどは買う生活がず〜っと続いていた。買わなくなったのは一人暮らしを始めてしばらくしてからで、それまでは毎月2冊買っていたけど、1冊は引っ越してきた今の家の近所の本屋やコンビニに売っていなくて、私は発売日には絶対買いたい方で、忙しいときだと買えないまま次の発売日が近づいてきてしまうことが多くなって買わなくなった。もう1冊は好きな連載が終わったりして、その雑誌の中で楽しみにしている漫画が無くなったことで、ついに1冊も買わなくなってしまった。漫画誌はかさばって、すぐに溜まってしまうのも嫌だった。

漫画は読むことも好きだけど描くのも好きだった。小中学校の頃は将来漫画家になりたいと思っていた。その夢は本気で叶えることはなかったけど。描くのはやめたけど読むのは大好きだった。今は毎月月刊誌は買っていず、たまに好きな漫画家の新刊が出ているときだけしか買わないけど、ふと無性に漫画が読みたくなるときがある。

今、会社の人から「ハチミツとクローバー」を借りている。漫画をまとめて読むのは久しぶりだ。だから今日も早く読みたいのでこれにて終了。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-06-08 00:01 | 日記 | Comments(0)
導くということ
教育、というか後輩の指導って難しいと思う。私の課には今、3月からはいった子と5月から入った子という、20代前半のまだ新人と言える3人が居る。だいぶ慣れてきてはいるが、まだまだ教えなければいけないことがたくさんある。

私の会社は物を作る仕事なので、色々な知識や技術を身に付けなければならない。もちろん私を含めみんな最初は初心者だったので、すぐに上手になるわけでもないから、たくさんの経験をして失敗もしながら学んでいけばいいと思っている。そりゃあ最初から出来る子の方がいいだろうけど、初心者だから失敗は当たり前だし、失敗しなければ分からないこともあるし、そのことで怒ったりはしない。

自分の経験から、この場合はどういう失敗をしやすいかとか、どういう壁に当たるかとかが先に分かってしまう。「気を付けてね」と言っても、実際やってみるとやっぱり想定したとおりの失敗をしてしまう事が多い。でもそうすることで、その人の中には強くインプットされるはずだから、失敗はしてもいい。それに、失敗したり不注意があると本当にやばい物はやらせないし。

技術よりもまずは物を作っている以上、美意識という物を高める必要がある。品物として出せる物かどうか、まず自分の中で最低限の基準を作ること。人に見せる前に、自分の中でNGな物はやり直すとか、各個人チェック機能を持ってやらなければならない。一般の人が見るよりも一段階か二段階くらい細かい、ミクロの眼を持つようにして欲しい。

…と思っているだけではダメで、こちらもそれを伝えなければならない。「〜して欲しい」と言う前にきちんと教えなければ、それを求める資格はない。私は率直に怒ったりするのは苦手だし、あまり厳しくすると怖がられてしまうキャラなので、言い方は甘いかもしれない。普段、和気藹々とおしゃべりしながら仲良くやっている職場なので、雰囲気を壊すようなやり方も嫌だと思う。人によって受け止め方も違うし、自分がどう言ってあげればいいのかは本当に難しい。

だけど、この仕事をしていくのに大切な「心意気」みたいなものを、若い後輩達にも理解してもらえるよう上手く指導してあげられるように、私も日々成長しなければと思う。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-06-07 00:14 | 日記 | Comments(0)
マイケルフィーバー
マイケル・ジャクソンが来日して、今日「SMAP×SMAP」にも出演していた。マイケル・ジャクソンは色んな意味で怖いはと思うけど、歌やダンスはすごいと思うし、曲が結構好きでたまに聴いたりしてきた。来日しているということでこのところラジオからもマイケルの曲がたびたび流れていたもんだから、私もまたちょっと聴きたくなってきて、昨日から繰り返し聴いたりしている。

私が好きなのはかなり前の曲ばかりで新しいのはあまり知らないけど、「BEAT IT」とか「BLACK OR WHITE」とか「ROCK WITH YOU」とか「HEAL THE WORLD」とか「DON'T STOP 'TIL YOU GET ENOUGH」とか…、挙げると長くなるけどまぁ色々だ。昔のベストアルバム「HISTORY」ばかり聴いていたからそこに収録されている曲ばかりだけど。

実家には「THRILLER」のLDがある。レーザーディスクというものが出始めた頃に父が買ったものだ。だから何回も観たことがある。一曲のPVしか入っていない。まだLDのソフトがあまり無かったのだ。父はたまに洋楽のレコードやカセットやCDを持っていて、中学生くらいから私もそこから聴くようになったりして、今思うとそんなものを持っていた父はなかなかオシャレだ。「WE ARE THE WORLD」のビデオなんかも何度も観たな。懐かしい。

マイケル・ジャクソンのPVと言えば、「とんねるずのみなさんのおかげです」で上手く真似していた。とんねるずものりさんも「みなさんのおかげです」という番組も全部好きな私は、すごく楽しみなコーナーだった。PVの出来は最高!やっぱとんねるずはすごいなぁ。貴さんのやってたプリンスとか、作っていたPV全部まとめて是非DVDにして販売して欲しいもんだ。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-06-05 23:07 | 日記 | Comments(0)
心に残った言葉
久しぶりに映画を観た。「ジョー・ブラックをよろしく」という1998年の、ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンスが出演する映画だ。父がDVDを持っていて、面白かったと薦めてくれた。本編が3時間もあるのだが、長く感じずに最後まで面白く観られた。

あらすじは長くなるので割愛するが、とても印象に残ったシーンは最後の方。ビルは65年の人生に、死神ジョーは初めて経験した人間の世界とそこで恋に落ちたスーザンに、二人とも決別する決心を付ける。二人で旅立つ前に、ビルが「去りがたい」と言うとジョーも「去りがたい」と言う。ビルは「それが生だ」と言う。このシーンにはグッと来た。この言葉にはすごく重みがあったし、他にもビルの言葉には深い意味があったような気がする。アンソニー・ホプキンスがとても格好良く、演技も素晴らしいと思った。

今のゴツい感じより若いブラッド・ピットも格好良かった。ただ、人間に興味を持って人間の身体を乗っ取った死神で、色々なことが初めてであるはずのジョーの言葉や行動には少々疑問点もあった。Hはできるのか?と。「初めての人としたみたい」とスーザンが言うけど。それはいいとして、最後ビルとジョーが去った後、ジョーが一人で戻ってきた時の会話で、スーザンが父が亡くなったことを知っているような台詞を言うのが「あれ?何で?知ってるの?」という感じだった。悟ったのか?最後にそのことが気になっているうちに映画は終わった。

ラブストーリーということになっているのだけど、私はジョーとスーザンの恋よりも、ビルとスーザンの親子愛の方が色濃く残った。そりゃあもちろん、日本人には理解できないほどのスキンシップや親子での愛情の表現もあったけど、死期近い父親の、娘に対する愛情がものすごく感じられた。ん?父が薦めてくれたのはそこか?でも65歳で死ぬなんて早過ぎると思うし、現実には考えたくない。実際父親を早くに亡くしている人はたくさんいるから、私は幸せなのだろうけど。

最後にジョーが戻ってこなければ、親子愛の素晴らしい映画だったといえると思うが、帰って来ちゃったからラブストーリー色が濃くなってしまった。ブラッド・ピットのためのラブストーリー仕立てではなく、私はアンソニー・ホプキンス寄りの話の方が良かったかなと思う。でも気になった点だけ色々言ったけど、他の部分も全体的に面白く、父のお薦め通り良い映画だった。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-06-04 23:35 | 映画 | Comments(0)
世界遺産を訪ねて
韓国旅行で一番印象に残った昌徳宮(チャンドックン)で撮った写真があるので、それを交えて解説や感想を書きたいと思う。

f0072757_16495363.gif
最初にこの大きな門がある。門の前にはガイドツアーの始まりを待つ観光客がたくさんいた。この門のに近づき下まで行くと…(下の写真)。
f0072757_16501824.gif
門の屋根の中はこのように華やかな色で模様が描かれている。これは顔料で、高価なものなので王様の住む建物にしか使われなかったらしい。色合いがとても綺麗で可愛かった。
f0072757_16504416.gif
国の重要な行事が行われたという建物。建物の形は日本の寺院とよく似ている。装飾や塗られている色、模様、窓にはまっている戸の格子の形などは韓国独特のものだろうと思う。
f0072757_1651104.gif
珍しい青瓦屋根の建物。高価なものらしい。韓国の大統領官邸にもたくさん使われていた。手前の建物の屋根の内側の模様を見て欲しい。色や模様が派手だけど絶妙な色合いで可愛い。建物によって多少色合いも違ったりする。これらの装飾はものすごく手が込んでいてすごく豪華で贅沢なものだということが分かる。
ちなみに右下にいるのがガイドさん。話し方がとても優しい。この日は暑く、観光客だけでなくガイドさんも日傘を差して歩いていた。

f0072757_16513154.gif
この写真は宗廟(チョンミョ)。こちらは位牌が祀られている所で要するにお墓のようなものなので、昌徳宮に比べてカラフルな模様なども描かれていず地味。ただただでっかい建物だった。これと同じような形のものがもう一つあった。

f0072757_16515330.gif
昌徳宮の庭園の池に咲いていた蓮の花。やっぱり蓮は可愛い。仏教とか神様というイメージ。ちなみにこの池の所で、今NHK総合で放送されている韓国ドラマ「チャングム」のワンシーンが撮影されたらしい。他のシーンはすべてセットでの撮影だが、この池のシーンの所はこの場所が使われたらしい。私は「チャングム」は観ていないけど、観光客の中には観ている人ももちろん居たので嬉しそうだった。

韓国の歴史なんかを説明され、「へぇ〜」とか「ほぉ〜」とかみんな言っていた。私も初めて見て知って感心したし、ちゃんとガイドさんがついてゆっくりと説明を聞けたので面白かった。そういえば、日本のお寺をこんな風に説明を聞きながらじっくり見て回る事ってなかなか無い。中学や高校の遠足や修学旅行くらいだろうけど、その頃より今の方がそういうのを求めている気がする。もっと自分の国のものにも興味を持って見なければと思った。昌徳宮の見学が出来るツアーを選んでおいてとても良かった。今後韓国に行く人で、お寺など好きな人は是非。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-06-04 16:52 | | Comments(0)
韓国旅行記
韓国は私にとっては初めてだが、母は済州島とソウルに一回ずつ行ったことがあった。その時はヨン友(ペ・ヨンジュン好きで交流のある友達)と行く旅行だったため、ロケ地とか事務所などを観に行ったけど普通の観光はしていないと言う。私は韓流スターにはこれといって興味はないのでロケ地巡りをする気もないし、自由行動で町中を歩きたいというのもなかったから、韓国初心者向けの内容になったツアーを選んだ。

f0072757_12341389.gif5月30日。12時20分羽田空港発のアシアナ航空1015便で一路韓国金浦空港へ。約2時間20分のフライトで14時30分に到着。

空港では現地の韓国人ガイドさん(日本語上手!)が出迎えてくれ、ワゴン車に乗り込みソウルの街へ。一緒に行動する別のツアー客も居ず、3日間私たちだけだったので気楽だったしガイドさんとたくさん話も出来た。韓国はめちゃくちゃいい天気で、ちょっと暑いくらいだった。

車窓から見た最初の韓国の印象は、道路が広い!片側4とか5車線ある大きな道路で、高速道路ではないけど信号のない道路が長く続いていた。ソウルでは交通渋滞が問題になっているらしい。バスも地下鉄も道路も充分発達しているようだけど、そもそも人口が多いらしい。それを証明するように、高層アパートがたくさん建っている。日本で言うなんとかニュータウンのように、高い建物が団地のように並んでいた。

f0072757_12343368.gif空港からソウル市内のヨン様のCMでおなじみのロッテ免税店へ。…こんなヨン様の等身大パネルや大きい写真の灯入れ看板があり、日本人観光客のおばちゃん達が記念写真を撮っていた。母もそのうちの一人。私も母のために何枚か撮ってあげた。

免税店の後は東大門という繁華街でショッピング。doota!という大きなファッションビルでアクセサリーや洋服を見る。渋谷の109とかラフォーレ原宿みたいなもんだろうか。人がうじゃうじゃいた。韓国内の地方からソウルへ観光へ来ているらしき人もいた。その後はレストランで骨付きカルビの夕食を食べ、ホテルへ到着。

ホテルは江南という地区にあるインペリアル・パレス・ホテル。かなりいいランクのホテルである。部屋のテレビではケーブルテレビが見られ、日本のNHKのBSも映ったが韓国の音楽番組をBGM変わりに流しておいた。ツインの部屋で、シングルベッド一つにダブルベッド(セミダブルか?)が一つ。親に広いベッドを譲りもせず私がダブルで眠る。

5月31日。この日は韓国統一地方選挙で、平日なのに会社や学校は休みだったそうだ。日本では選挙の投票日を日曜日に合わせているけど、韓国では投票日を休みにしてしまう。そのため、通常なら平日は通勤や帰宅時間は渋滞がすごくて移動に時間がかかるところが、道路が空いててスイスイと移動出来たので、ツアーの予定より時間にかなり余裕が出来てしまったようだ。レストランで韓国式朝定食を食べた後、市内観光へ。

f0072757_12345320.gif
f0072757_12351156.gif韓国にはユネスコ世界遺産に登録されている場所や建造物が7つあるらしい。そのうちの2つ、昌徳宮(チャンドックン)と宗廟(チョンミョ)の見学。

昌徳宮は李朝時代に建立された宮殿で、別にある景福宮(キョンポックン)という王室の離宮(らしい。この辺の説明はガイドブックの文章を頼りに…)。広い敷地内にはたくさんの歴史ある門や建物や橋が残されている。自然も豊かで丘や林や池が存在し、森林散策をしている気分にもなる。

ここでは自由行動は禁止で、専属のガイドさんが見学者を引き連れて、約1時間20分(!!)かけて敷地内を案内してくれる。観光客がたくさん来るのだろう、韓国語のガイドは何時何分からとか、日本語、英語、中国語などで時間が区切られていた。他の日本人観光客と一緒に回ったのだが、ほとんどがおばちゃんだった。広くてたくさん歩くし段差や坂道もあるので、お年寄りには少々きついのではないかなという気がした。

もう一つの宗廟は、李朝時代の王や王妃などの位牌が祀られている霊廟である。ここは専門のガイドではなく私たちのツアーのガイドさんが案内してくれた。

ソウルはすごく都会というイメージだが、いきなり歴史のある建物が存在し、街と共存していた。昌徳宮については改めて写真も含めて別の記事として書こうと思う。





昼食に石焼きビビンバを食べた後、ロッテワールド免税店へ。ブランド品には興味が無く全然持っていない私も、これなら!と思うバッグを予定外にも購入。恐るべし海外旅行。

f0072757_12352678.gif
免税店の後はロッテワールドへ。韓国にある有名なテーマパークである。写真のようにドーム天井が着いていて室内なので、天気を気にせず一年中夜11時まで遊べる。屋外になっている所もありそこには高さのあるアトラクションもあった。アイススケートリンクもあり、たくさんの人が滑っていた。選挙のため休日だったのでたくさんの人が来ていて混んでいた。この日も暑くたくさん歩いたので結構疲れていたし、私は遊園地であまりはしゃぐ方でもないし、母も動きの激しいアトラクションは無理なので、ほとんど休憩していた。

ここで美味しい食べ物に出会った!もちもちしたものが好きな私たちは韓国に来たら是非トッポキを食べようと思っていたのだが、トッポキではなくトッポキの中に具が入っているような食べ物だった。写真を見て指さして注文したので名前は分からない。帰ってきて調べたりしたがまだ答えは出ていない。トッポキは細長くのばした生地が斜めに切ってあるのでペンネのような形をしているけど、この食べ物は生地の中にチーズや餃子の中身のような具が入っていて、つるんとした繭のような大きさと形をしていて、胡椒のきいた醤油ダレのようなものをかけて食べる。もちもち好きな母子は、一皿に10個以上入っていたけど二人で平らげてしまった。

f0072757_12354313.gif海鮮鍋の夕食を食べてホテルへ帰った。時間も早かったので暗くなる前にホテルの周りを歩いてみることにした。韓国は陽が長く8時を過ぎても明るかった。近くのコンビニに入って翌日の朝食を買う。おにぎりや海苔巻きを見て何を買うか迷っていたら、頼んでもいないのにコンビニの店員さんが英語で具の説明をしてくれた。とても親切だ。おにぎりはツナやチキンや牛肉などの肉系で、味付けが辛いものが多いようだった。

思い出したようにホテルの写真を撮ってみる。豪華で綺麗なホテルだった。母と私はいい歳して安いホテルには泊まりたくなかったので、ホテルのランクにはケチらなかった。母はロッテホテルに泊まりたかったみたいだけど。



6月1日。空港へ向かう時間まで自由行動。昼までしか時間がなかったから、近場の街まで出かける。三成(サムソン)という駅の近くにコエックス・モールという大きなアミューズメント施設があるとガイドさんから聞いた。地下鉄で行くとちょっと遠回りになってしまうが、地図で見る限り直線距離を歩いていけばそんなに遠くないのではないかということで、歩いていくことに。

コエックス・モールは、たくさんのショップや映画館、ゲームセンター、水族館、キムチ博物館などがある複合施設になっている。最後のお土産などのショッピングをし、フードコートでアワビ粥を食べる。韓国の食事はいつも必ず、メインの食事以外にキムチやナムルや漬け物などの小皿がたくさん出る。これらのおかずはおかわり自由らしい。でもさすがに3日も居ると飽きてしまいほとんど手を付けなくなる。キムチは好きな食べ物だけど、仕事のことを考えると臭いが気になってあまりたくさんは食べないし、毎食出てくるとそんなに食べられるものではない。でもお米は日本と同様だから美味しいし、食事は日本人の口に合うと思う。

f0072757_1236127.gif
ホテルに戻って荷物をすべて持って出発。そういえばソウルの町中の景色の写真をちっとも撮っていなかったと思い、あわてて車中から撮る。韓国ももうすぐ始まるサッカーのワールドカップで盛り上がっていた。日本と同様、大きなビルの壁面一面に応援する広告があちこちに見られた。

空港へ行く前に土産物店に立ち寄る。数人のグループで一つのテーブルに着き、店員がキムチや韓国海苔の説明と早口でし試食をさせ、観光客に買わせるというシステムになっていて、韓国旅行のツアーでは最後に絶対立ち寄るようになっていると思われる。買いたくない人は固い意志を持って割り切らなければだめだ。母はたくさん買っていくつもりだったらしく、キムチを大量に買い込んだ。私も韓国海苔を買っていこうと思っていたので、試食して美味しかったものを買った。

金浦空港に到着し手続きを済ませ、3日間お世話になったガイドさんとお別れ。日本語が良くできる人で、韓国のことをたくさん話してくれたし日本のことも色々聞いてきた。日本でほっかほっか亭は何処に行けばあるのかという質問には何と答えればいいか困った。

15時50分発のアシアナ航空1045便で1時間45分、羽田に無事到着。やはり帰ってくるとあっという間だったという気もするが、初めての韓国としてはまずまずの内容だったのではないだろうか。ソウルは東京と同じような所だった。文字が全部ハングルなだけで、他は何も変わらなかった。私は昌徳宮の見学が一番印象に残った。

母はハングルを習っているのだけどまだ文字が少し読める程度で会話が出来る所までは達していない。でも観光で訪れる所のほとんどは日本語の話せる人が居たので、ハングル無しでもどうにか過ごせた。「アンニョンハセヨ」「カムサハムニダ」くらいしか使わなかった。けど日本人は海外旅行に行ってもろくに現地の言葉が使えず、何だか情けない。やはりとっさに出てきてしまうのは英語で、韓国の人は英語も分かると思うけど、どうせならハングルの言葉ももう少し使えれば良かったと思う。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-06-04 12:36 | | Comments(0)
例の問題
韓国旅行の日記でも書こうと思っていたけど、3日ぶりに出勤したら仕事がつまっていて、遅い帰宅になってしまった。なので旅行に関する短い話で今日はお茶を濁そうと思う。

旅行出発前にちょっとした問題があったのを覚えておいでだろうか。それは現地での酒問題。毎日晩酌するようになってしまった今、旅行中だってもちろんお酒が飲みたくなるはずだと思った。でも日本のようにサワーとか缶チューハイとか、私が日頃よく飲むようなお酒が韓国でも飲めるとは思えなかったので、持っていくかどうかまで考えていたくらいだ。結局持っていくのはやめて現地で何とかすることにした。

ビールが飲めたら何処へ行っても困らないのに、私はどうしてもビールが好きになれない。ツアーで夕食に立ち寄るレストランにあるお酒はやはりビールで、多分焼酎とかはあるのだろうけど焼酎ロックとか強いものをいきなりは飲めないし、食事中は何かで割ったものを飲みたい。だから食事中は我慢した。それでお酒を調達しにコンビニへ行ったが、やはり缶チューハイとかは無い。そのかわりいいものを見つけた。

f0072757_148791.gif何mlか分からないけど豆乳麦芽コーヒーとかと同じ小さいサイズ(200mlくらい?)の紙パック入りの眞露(焼酎)。そして100%オレンジジュース。おつまみにスナック菓子も買って、ホテルの部屋でオレンジハイを作って一人で晩酌することに成功。これを二晩続けて飲み、懸念していた旅行中のお酒生活も無事に守られたのであった。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-06-03 01:45 | 日記 | Comments(0)
ただいま。
二泊三日の韓国旅行を終え、無事に我が家へ帰ってきた。海外旅行は実に12年ぶり2度目、国内旅行を含めても本当に久しぶりの旅行で、楽しかったし疲れたし帰ってきてほっとした。韓国は時差もないし、飛行機の時間もちょうどいい時間だったのでへとへとではないけど、写真をアップしたり詳しい旅行記を書くのはまた後日にさせてもらって、今日はとりあえずさらっと日記を書いてしまおう。

飛行機というのは乗るたびいつも、飛んでいるのが信じられないと言うか不思議な気持ちになるし、着陸の瞬間、滑走路に車輪が降りた衝撃を感じると「はぁ、よかった」と思う。韓国へは往路で約2時間20分、復路で約1時間45分で行き来ができる。だけどそれ以上は勘弁して欲しい。昔、初めての海外旅行でシンガポールへ行ったけど、その時は6,7時間かかった。あれは長い。もう経験したくないな…と思う。でもそんなこと言ってたらハワイとかヨーロッパとか行けないよなぁ。

自分のものは色々買ったけど、会社へのお土産はお菓子とか海苔とか安くて軽いものばっかり。有給使って3日間休んで遊んできたのに。明日はこれらを持って出勤だ。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-06-01 23:31 | 日記 | Comments(0)



40代夫婦2人暮らし たぶん無趣味 …since2006.02
by anewyearsday
カテゴリ
日記

映画
テレビ

インテリア
整理収納
服・靴
植物

ヘンプ
かぎ針編み
棒針編み
ポエム
お知らせ
私について
最新の記事
乱れないようにする
at 2018-01-18 22:29
土佐土産
at 2018-01-17 23:26
パックの夜
at 2018-01-16 23:33
薩摩の血
at 2018-01-15 21:23
戻ってきた年賀状
at 2018-01-14 17:48
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
記事ランキング
画像一覧
検索
最新のコメント
はじめまして、森田です。..
by mrknnumber1 at 14:26
れいこ様>ご心配ありがと..
by anewyearsday at 02:42
れいこ様>「無理のない人..
by anewyearsday at 21:59
れいこ様>初めまして。遠..
by anewyearsday at 22:20
広川様>>初めまして。 ..
by anewyearsday at 20:55
ブログジャンル