DVDがドーン!
私の部屋にあるDVDプレーヤーは、実家から半ば強引にもらってきた再生専用の安いものだ。買ってからまだ何年も経ってないはずなのだけど、少し前から壊れてきていて、再生途中に読み込まなくなったり、もう最初から再生できなかったりするようになってきた。自分で買ったものじゃないからいいんだけど、こんなにすぐだめになるなんて、不良品だったのかなと思う。

幸いこのパソコンでDVDは観られるから、DVDを観る手段が完全になくなったわけではないんだけど、DVDを観ながらネットしたり日記書いたりしたいときは困る。どうせならVHSじゃなくてHDDで録画もしたいからやっぱり新しいのを買うしかないなと思う。でも現在売っているテレビやHDD内蔵DVDレコーダーなどは、2011年以降のデジタル放送に対応しているものとそうでないものがある。どっちを買うか…?という問題になってくる。2011年まであと5年あるから、5年後にはどうせまた新しいのを買うんじゃないかとも思うし、今は少し高くても買っておけば後で買い換えなくていいからそのほうがいいのかなとも思うし。

そういえばMDウォークマンをどうするか…という話があったけど、それはまだ今使っているのが壊れてこないからもう少し先になりそうだ。むしろDVDの方が身近な問題になりつつある。何にしても電化製品って、壊れたりどんどん新しくなったりして常にお金のかかるものだな。貯金はしているけど、貯金って増えていくとだんだん使いたくなくなってくる。でも…買っちゃうか?必要なときはドーンと買わなきゃねぇ。

今回の旅行は貯金からではなく、簡易保険でおりた10万円を使って旅費と買い物やお土産代に当てる。保険をかけている年数や金額によってちがうようだけど何年かに一度、満期より前にお金がおりる。その名も生存保険金というのだけど、「生きてて良かったね」と言われている感じだ。前に生存保険金をもらった頃は無職になって本当にお金がない時で、そのお金を元に作りたいものを作ったりそれを発表したりするのに使った。前回とはかなり状況が違うけど、それぞれの場面でありがたく有意義な使い方が出来たと思う。簡易保険に入っててよかったぁ。母が私の分を加入してくれて、よく分からないけど自分で毎月ちょっとづつ払っていたらこんな事になった。

それにしても、明日の午後にはもう韓国にいるんだな。家から羽田までは10〜15分、羽田から2時間と少しで韓国に着いてしまう。早っ。朝はいつもの出勤時間よりも遅いしラクチン♪旅行の話はまた帰ってきてからの日記に書こうと思う。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-05-29 22:28 | 日記 | Comments(1)
何処かで何かが…
ふぅ〜、今日は洗濯して掃除して買い物に出かけて帰ってきて旅行の準備をざっと始めて実家に行って夜ご飯食べて帰ってきて母に借りた旅行鞄に荷造りをしてまた洗濯してシャワー浴びて、やっとパソコンの前に座ることが出来た。だけどもうこんな時間だから、短めの日記にして寝ちゃおう。

でも、さっきからずぅ〜っと、私の部屋の近くの何処かから、「……ドン、……ドン、……ドン」という音が何分も続いている。どのくらいの時間かは見てなかったから分からないけど、気になり始めてから長いので一時間以上には感じられる。音はそんなに大きくないが、ずっと同じ間隔で音がするのでとても気になる。イメージとしては、何処かの部屋のドアが少しだけ開いた状態で、それが風によって開いたり閉まったりしていて、しっかり閉まらないから何度もその繰り返しになっているような感じ。部屋のドアのような、軽い木による音のようだ。

定期的な雑音って非常に気になる。というよりかなりイライラしてきている。…ったく、何処の何奴だよ、うるさいよ。今夜ずっとこの音がしていたら気になって、私は寝られるだろうか…。

***注意。この話はネタでも作り話でもなく、「軽い木による音のようだ。」の文章までは本当に分からずに悩んでいてそのまま書き終わるはずだった。しかし事件は急展開。それでは続きをどうぞ***

私は寝られるだろうか…と思いつつ、夜から室内に洗濯物を干し始めたために回していた扇風機を、寒くなってきたので消した。扇風機のかすかな音が止んだらあの音がさらに鮮明になって、どこから聞こえてるのか分かるだろうと思い耳を澄ました。「…ん?聞こえない。」さっきまで規則正しく小さく聞こえていた音がピタッと止んだ。扇風機を止めたと同時に。「扇風機と規則的な音…。」私は推理を進めた。「そうか!わかったぞ!」

分かったことを確認するためにもう一度扇風機を回す。すると、「……ドン、……ドン、……ドン。」あの音が復活した。私を悩ませていた音の正体は、扇風機が首を振る度にキッチンのガス台の下についている棚の扉に当たる軽い木の音だったのだーーーっ!

こんな時間に、一人で何をこんなくだらないことやっているのだろう。音の正体が分かったときの私の気の抜け具合と半笑いの顔、どうぞお察しください。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-05-29 01:25 | 日記 | Comments(2)
合コン
今日は飲み会があった。今勤めている会社のOBが多く集まった。私のような現役も行った。前に日記に書いた男前も来たので、久しぶりに目の保養をした。

飲んだ店が新宿のオシャレな飲み屋で、結構人気があるらしく混み合っていた。店内は若い人がたくさんいてわいわいと騒がしかったが、よく見ると私たちのテーブルに近い3組が、みんな合コンらしき男女のグループだった。3対3が2組、4対4が1組。明らかに合コンと分かるのは、席の座り方が男子一列女子一列にきれいに分かれていたからだ。それを見て、「あぁ…!!若いな、合コン懐かしいよ!」って思った。みんな出会いに胸ときめかせてるのかな?と思って、そっちが気になってしょうがなかった。一人すごいミニスカートの子がいて、それを見て「若い!」と思った。

私も高校生の頃は何回か合コンに行った。女子校だったから男子校の男の子と合コンをやる話はよく聞いた。合コンは嫌いだったけど今思えば、それでも何かいい出会いがあれば…と少しは期待して行っていたのかもしれない。結局合コンで知り合ってその後仲良くなった男の子はいなかったけど。

今日の3組の合コンはどこも盛り上がっていないところは無かったし、品の悪い飲み方をしている奴もいなかったけど、実際のところどうなっているんだろう…、カップル成立するのかな?と、自分の飲み会の合間にちょこちょこ様子を窺っていた。私がトイレに立った時、トイレの前でそのうちの男女一組が電話番号の交換らしきことをしていた。ミニスカートの子だった。「うわ〜、やってるやってる」なんて感心してしまった。私の時代は携帯電話なんて高校生は持ってなかったから、電話番号交換するとしたら家電だったわけだ。うわ、懐かしい。時代は変わったなぁ〜。

それにしても新宿…苦手だよ本当に。人が多いしうるさいし。こういう飲み会が催されなければ極力行きたくない。遠いし。方向もさっぱり分からないし。明日は貴重な日曜日で、やることがたくさんあるから早々に帰ってきた。買い物と、旅行の準備しなきゃ。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-05-28 00:49 | 日記 | Comments(0)
もっと理解しよう
PMSというのは、Premenstrual Syndromeの略で、「月経前症候群」のことを言うそうだ。中島たい子の「そろそろくる」を読んで、PMSという言葉を初めて知った。

中島たい子といえば前作の「漢方小説」ですばる文学賞を受賞していて、「そろそろくる」は「漢方小説」の第二弾のようなものだ。いや、続き物の話ではないが、どちらも読むと身体に良さそうなお薬のような作品だ。「漢方小説」を本屋で見て面白そうだったから買って読んでみて、私と同世代の女性が主人公だったし、身体や健康のことに興味もあるからすごく面白く読めた。

「そろそろくる」では、主人公の32歳のイラストの仕事をしている独身女性が、自分ではPMSと知らずにその症状に左右されて苦しんでいる姿がある。落ち込んだりイライラしたり仕事が上手くいかなくなったり悲観的になったり。友達からPMSのことを聞いて初めて自分がそうだったと気付き、そこからその症状を軽くするように生活習慣を改善したり周りに理解して貰おうとしたり、PMSと上手く付き合うように心がけるようになる。

私はPMSがはっきりしている方だから、言葉は知らなかったけどその症状についてはとても理解できる。自分のこの症状についてはだいぶ前から自覚があったから、主人公は気付くのが遅すぎないか?と思ったけど、30代で症状が出る人もいるみたいだ。私は主人公のように、ゆでたまごが上手く剥けなくて流しに叩き付けて泣いたり、親と口喧嘩をしたり、絵が上手く描けなくてもういいや!って全部捨ててしまったり、そこまでするほどではないからそんなに重くないと思うけど、軽い人に比べたら無いとは言えない。

PMSの症状には身体的なものと精神的なものがある。本に書いてある文を抜粋して書くと、「身体的症状…頭痛、乳房がはる、下腹部がはる、手足がむくむ、手足が冷える、肩がこる、便秘、めまい、食欲が増す、甘いものが食べたくなる、肌が荒れる、眠くなる、…等」とある。私は8割ほど当てはまる。次に「精神的症状…ゆううつになる、イライラする、怒りやすい、攻撃的になる、無気力になる、集中力の低下、記憶力の低下、涙もろくなる、自信がなくなる、不安になる、暴言をはく、…等」となっている。これもやっぱり8割くらい当てはまる。さすがに暴言は吐かないけどそうか、記憶力も関係してたか。最近物忘れが激しくなる時がある。

特に精神的な症状については、自分もまだそれが生理前のせいだと気付かなかった頃は辛かった。普段言われてもムカつかないことに対してイライラしたり、普段言われても落ち込まない事に対して傷ついたり、そういう自分が嫌になったり悲しくなったり気分が落ち込んだり、そういうことが意味もなく訪れるから自分でも怖かった。だけど生理の周期が規則的になっていくにつれ、そういう症状が生理に深く関係していることが分かり、自分がただ単にイライラしたり落ち込んだりしているワケじゃないんだ、とほっとした。それからは「今のこの気持ちは生理が近いせいだ」と思えるようになって楽になった。生理が始まれば脱出できるからそれまでは気持ちを落ち着けて大人しくしていようと、気持ちを切り替えることができる。

まずは自分がその症状に気づき理解することが大事だ。それだけでだいぶ楽になるはず。主人公もそうだった。そして、周りの人にも理解してもらうこと。家族やパートナーに。主人公は、つきあい始めたばかりの彼氏に知ったばかりの自分のPMSを理解してもらおうとする。男の人に対して何でもかんでも「生理のせい」と言ってしまうのはちょっとずるいかなと思って言えなかったりもするけど、主人公ぐらい気持ちの波が激しい人は言っておいた方がいいのかもしれない。けど実際そうした場合、「ああ、こいつ今生理前だからな。」と勝手に収まり付けられてしまうのも何か嫌だなって感じもする。

主人公が付き合い始めた相手が同級生の友達の弟で、年下でバツイチなのだけど、たまに一人でふらりと車を飛ばして旅に出て連絡もとれなくなってしまうということがあり、そのことを主人公に聞かれると、「自分もPMSかもしれない」と言う。この男の子は「女は(主人公の女性のように)感情のままに泣けていいなって思う」と言っていて、つまり「男にもそういう気分の時があるんだよ」って言いたいんだろうなと思った。でも…、何か私はそんなことを言う男は嫌だなと思った。付き合い始めて最初はぎくしゃくしているんだけど、そのうちお互いのPMSに理解をして付き合っていこうとする。でもこんなに重いPMSを持った主人公に、そういう気まぐれな部分を持った相手で大丈夫なのかな?と思ってしまった。物語のその先の二人はどうなるか分からないけど、上手く永く続くのかと疑問だった。

面白かったけどPMSが分かる方としては、読んでいてちょっと辛かった。主人公が荒れている姿は痛かった。でも女性は自分の身体にしっかり目を向けて理解して大事にすることが必要だと思うから、「漢方小説」や「そろそろくる」のような作品を読んでもっと知った方がいいぞ!と思う。あまり分厚くないからすぐに読めちゃうし。ちょうど私も今日健康診断で、診断結果はだいぶ先にもらえるけど、自分の健康を確認した一日だった。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-05-26 23:38 | | Comments(0)
アル中か!?
明日は健康診断を受けに行く。いつもより早く出るので今日は早く寝たい。明日は健康診断ってことで、お酒は控えている。しかし、飲めないと思うと飲みたくなるものだ。今日は仕事で汗かいたし…。ちきしょー。

と、そんなことを考えていたら、そういえば韓国旅行中はお酒飲めるのかしら?と思った。夜ご飯はツアーに含まれているけど、お酒はどうなってるんだろう。出ないかな?だとしたらホテルで飲むか?でも韓国で自分の好みのお酒が飲めるのか、コンビニに売ってるのか、どうなのかわからない。焼酎はあるだろうけど…私はジュースなどで割って飲みたいし、ビールは嫌いだし。

そう思ったら不安になってきた。ペットボトルに入れていくか?意外と旅行中は飲みたいとは思わないかな?いやいや、今の自分なら多分飲みたくなるだろう…。いつからこんなにお酒お酒言う人になったんだろう?
[PR]
# by anewyearsday | 2006-05-25 23:57 | 日記 | Comments(0)
古道具屋
長嶋有の「夕子ちゃんの近道」を読んだ。主人公の青年が、古道具屋の二階に住み込みで働く半年間の「人生の春休みのような日々」(本の帯より)のお話だ。長嶋有の作品は前に2冊読んでけっこう気に入っているので、この本が本屋に置いてあるのを見つけてすぐに購入した。というか発売されているはずなのに、会社の近くにある小さな本屋やたまに行く本屋は何度も見たのに置いてなくて、休みの日に大きな本屋に行ったらあって、やっと買えたという感じだった。

作家の長嶋有については、最初名前からして女性だと思っていた。私は男性作家の小説は何かナイーブすぎて嫌だとか前にも書いたけど、この人のはそういう感じはない。女の人もかっこいいし、さっぱりしていて好きな感じだ。だからこそ男性だと気付かなかったのかもしれない。年齢は私より少ししか歳が上でなかった。作家ってたいてい年齢がかなり上という印象があるけれど、作家本人のブログに書かれたプロフィールを見てびっくりした。他の作品も読む機会があれば読んでみたいし、これからも気にしてみよう。

「夕子ちゃんの近道」の内容はどんなか知らなかったけど、本の帯に「古道具屋」という言葉を見て、きっとこれは私好みだ!と思った。前に日記に書いたけど、私のお気に入りの作品に、川上弘美の古道具屋が舞台の小説があるからだ。川上弘美のは「中野商店」で、長嶋有のは「フラココ屋」だけど、違う古道具屋でも共通する部分があった。店長は仕事に対していい加減なのか真面目なのか分からないけど、商品のインターネットでの売買を始めたりとか、最終的には店を一時閉めて真剣に今後のための買い付けを始めたりとか。二作品を比べてもしょうがないのだけど。

若いんだか歳なんだか分からないけど、優しくもないけど冷たくもない店長や、実は以前その古道具屋の二階に住んでいたという近所の常連の女性や、近所に住む双子のようによく似た学生の姉妹や、口うるさくて頑固な姉妹の祖父である大家さんや、流暢な日本語を喋る相撲通のフランス人女性など、個性のある面々が主人公の周りを取り巻いている。のんびりした雰囲気はあるのにだらだらしているわけではなく、登場人物はみんな自分の将来に希望や責任を持っていて、みんな強かった。

主人公が常連の女性から化粧品の名前を言われ、SF映画に出てくる登場人物や敵の怪獣や悪の軍団の名前を次々にイメージしていくところとか、近所に住む姉妹の妹の方がインスタントコーヒーのことを「インシタンスコースー」と言うところとか、そんなのもちょっと笑えた。

古道具屋は不思議な所だと思った。「義理人情」なんて暑苦しい言葉は合わない気がするし私も好きじゃないけど、そこにいる人たちは確かに何かで繋がれているような気がした。ある一時期偶然にそこに居合わせた人や出来事を切り取ってみたら、何か面白くて味のある風景だったという感じかもしれない。たまたま人生が重なり合った人たちと過ごす、長い人生から見ればほんの一瞬でしかないような時間が、二度とない貴重なものになっていくんだなぁということが、この本を読んで私の頭に浮かんだ。何かもっと上手く表現できればいいのだけど。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-05-25 01:12 | | Comments(0)
復活
もう梅雨かい?と思うくらい、雨が降る日が多い。

昨日はなんだか身体がだるくて、たぶん月に一度のものがもうすぐ来るせいだと思うけど、会社に少し居残りしていたけどもう無理!と思い帰ってきた。家に着いてもだるくて、久しぶりにお酒を飲まなかった。このところお酒を飲まない日は少ないからちょっと寂しかったけど、昨日はとてもそんな気分じゃなかった。

今日は体調も全然悪くなかったからお酒は解禁した。昨日の分を取り戻せとばかりにおかわりも…。もうすぐ健康診断なのに。結局身体はそのまま。食事も気にしてないし。まぁ…もういっか。この身体で臨むぞ。

一週間後は旅行だからそろそろ準備をしなくてはと思う。行き先は…韓国!!二泊三日の旅行。来週火曜出発、木曜帰国。有給休暇〜!洋服は何を持っていこうかな。気候は日本と同じくらいみたいだけど。暑くても寒くても大丈夫にしておきたいし。旅行の支度自体久しぶり。た・の・し・み・だな〜♪
[PR]
# by anewyearsday | 2006-05-23 21:20 | 日記 | Comments(1)
お金の使い方
2月から自宅でインターネットが出来るようにしたのだけど、これまで一度も料金の請求が来ないので少し気になっていたが、ようやく明細が届いた。自分ではすっかり忘れていたが、どうやら2ヶ月間無料だったらしい。私は何ヶ月無料うんぬんより月額の料金が安いので選んだし、入る前は色々検討していたのに始めてしまったら料金の事なんてすっかり頭から消えていた。

インターネットの料金はクレジットカード払いなのだが、カードの料金も他の公共料金のすべてに使っている銀行の引き落としなので、あまり意識はない。カードは作って間もないVISA系のルミネカードだけど、今のところあまり利用していない。

私の場合、給料の振り込み銀行が公共料金引き落としと同じM銀行なので、給料が入ったらまず、次の給料日までの間に引き落とされる金額をちょっと越えるくらいの金額だけ残して全部おろす。そのあと、家賃の振り込み銀行と貯金に使っている銀行が同じMS銀行なので、家賃+貯金の金額を入金し、その中から家賃を大家さんの口座に振り込む。それと郵便局の簡易保険料の引き落としのためその分を郵便貯金に入金する。そして手元に残った金額が、その月に自由になるお金ということになる。もちろんそこから定期とか買ったりしなければならないけど。

だから私が銀行に行くのは月一回だけだ。ちょっとずつおろすのが面倒くさくて嫌いなのだ。手数料も銀行やATMに寄る時間ももったいないと思う。よく「持っていたらあるだけ使っちゃうから怖い」と言う人がいるけど、私は反対に、使っていいお金が常に見えていて安心できるし、残金はこれしかないと分かっているんだからあるだけ使っちゃうなんてことは起こらないと思っている。全額を財布に入れているのではなく、家にあるお金を入れた袋から少しずつ自分の財布に移しながら使う。そのとき残高も分かり、給料日まであと何日あるから余裕だとか少し抑えようとか判断できる。

公共料金も引き落としを嫌う人がいる。毎月自分で払わないと心配とか使っている意識がなくなるとか聞くけど、絶対そんなことないし面倒くさいじゃ〜ん。微々たるものだけど水道料金は引き落としだと割引もあるし。

考えてみれば、生きて行くにはたくさんのお金を払っている。給料からは健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、福利厚生費が引かれているし、住民税もやってくるし、家賃、電気、ガス、水道、携帯電話、インターネット、簡易保険、とまぁ私一人でもこれだけのお金を払って生活しているんだと思ったら「ひぇ〜、よく払っているなぁ」って思っちゃう。さらに家族を扶養している人や子供が居る人はもっとたくさんのお金を払っているし、住宅ローンやその他のローンを払っている人もいる。

お金はあればあるほどいいと思うけど、あったらあっただけ出費も多くなるだろうし、税金も増えるし、分相応のお金がもらえていればとりあえずは安心?かな。私の会社は給料は安いけど、私一人が生活するには困らないし毎月ちゃんと貯金も出来ている。だけど何年経っても生活が向上するとは思えないし、もっと広いお家に住みたいけど誰かに養って貰わないと絶対無理。40歳過ぎて、おばさんの一人暮らしで、スーパーでパートとかやって、1Kくらいの汚いアパートに住んで、話す人も居なくて…なんて想像したらぞっとする。今は今の生活に満足してるけど、いい歳になったら今よりはいい生活が出来てて欲しい。

話がちょっと飛躍しすぎてしまったけど、明々後日は給料日。何回か日記に書いたとおり、今月はちょっと出費が多かったので途中だいぶ締めてかかった。でももう大丈夫。買いたいものは尽きることが無く、お金が入るからと言って気にせずガンガン使えるわけではないけど、ストレスを溜めないように買い物や遊びに上手く使おう♪と思う次第だ。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-05-22 22:50 | 日記 | Comments(0)
6年生
明日で今の仕事を始めて丸5年になり、6年目に入る。早かったようにも思えるけど、5年という年月はそれなりの長さや重みがあり、入った当初を思い出すと懐かしくなる。20代後半から30代初めの5年間は人生に於いても重要な時期に思える。その期間を今の会社でアルバイトから始まり契約社員、正社員となっていき、一つの恋が始まって終わり、親元を離れて独立し、という風に激動の時間を過ごした。小学校に入学した子供が卒業の年を迎えるくらいの年月だからなぁ。

最初は長く続けるかどうか分からずに始めた仕事で、それまで私は社員などになったことはなくいくつかのアルバイトをしてきただけだった。初めてのアルバイトは約3年半続き、次に専門学校から紹介された会社に入社したけれど、試用期間の3ヶ月間はアルバイト扱いで、その期間でここは違うと思って退社した。その後販売のアルバイトで約2年半過ごし、一度自分の趣味を思い切りやってみたいということで無職になった。その期間が約1年半。そうやって生きてきたので、また次も2、3年やってみたらまた違う仕事をやってみたくなるんじゃないかと自分に疑いを持っていた。社員になって長く勤める自信は無かった。

それがふたを開けてみると5年経った今も同じ会社で、きちんと正社員になって、自分の力でちゃんと生活をしている。思いもよらない結果だったけど、この仕事に出会えてよかったなぁと思っている。時には肉体的にも精神的にも辛いことがあって仕事が嫌になったりすることもあるけど、それでも続けてこられた理由があったんだと思う。一度は無職になりかなり引きこもった生活をしていた私が、もう一度社会復帰というと大げさだけど、またたくさんの人たちと関わって仕事をする場に自分を置くことが出来た。

私の会社には若い人が多いけど、女性は30代近くなったり過ぎたりしてくると辞めていく人もたくさんいる。男性でも30歳過ぎてから他の仕事へ移る人もいて、人それぞれ様々な理由があるのだと思うけど、長く勤めていくのも大変なことだなと感じる。私だってこれから何があるか分からないし、あと何年会社に勤めるか分からない。だけどとりあえず、6年目の最初なので、初心を思い出して仕事をしようと思う。今日はえらく真面目に綴ってお終い。
[PR]
# by anewyearsday | 2006-05-21 22:54 | 日記 | Comments(0)
モテ期
今週は後輩の女の子の恋の悩みを聞いていた。というか、その子自身の恋ではなくてその子のことが好きな男性がいることについての悩みだった。普段は周りの人と恋話はあまりしないのだけど、話していたらたまたまそういう流れになり、相談に乗る形になった。

現在、彼女は二人の男性からアプローチされている。一人はもうずっと前から「付き合って」とも言われていて、最初はかわしていたけど一度ちゃんとお断りをしたらしい。でも遠い間柄でもないし仲悪くなることもなく、今でも毎日のように何かしらメールが来るという。「他の子を紹介されても興味が湧かない」とまで言っているらしい。もう一人は最近頻繁に「二人で飲みに行こう」とお誘いを受けていて、これまでは大勢での飲み会で一緒にいることはあっても二人で行くような相手でもなかった。でもこのところメールで二人で飲みに行く日取りまで迫られてきてしまっていて困っていた。

その男性達はだいぶ年上だし先輩だしそういう相手と思ったことはなく、彼女はどちらとも付き合ったりする気もないと言っていた。二人で飲みに行くことになっても何を話していいやら分からないし、行って期待させてもいけないし、どうしていいか悩んでいた。その子にしてみれば「何で私がこんな思いをしなきゃならないの?」という気持ちだと思う。誰かから思われることはありがたいことだけど、自分がちっとも好きとかそういう気持ちを持っていない人ばかりから迫られ、そのことで悩まなきゃいけないなんて理不尽だ、という気分だろう。精神的にだいぶ疲れていた。

そのことを聞いて、この子は今モテ期だな〜と思った。他にも「(その子の)メールアドレスを知りたいって言ってる男がいるよ!」と言う話も出てきて、彼女はさらに追い打ちを駆けられていた。彼女は私よりだいぶ若くて、笑顔が可愛くて天然で頼りなげにも感じるけど、しっかりしている所もあるしさばさばしていて格好いい一面もある。彼女が今までどういう恋愛をしてきたか知らないから、今がモテ期なのではなくてずっとそうなのかもしれないし分からないけれど。

とりあえず最近二人で飲みに行くことを誘われている人には、まだはっきりと告白されたわけではないので、メールで「二人で行くときっと緊張して話せないから、みんなで飲みに行きましょう」とやんわりとお断りの返事をした。多分その男性がよほど鈍感でなければ、彼女の本当の気持ちは伝わったと思う。もう一人の方は断ってもずっと言ってくる相手なので、これからもその男性か彼女の気が変わらない限り断っていくしかないだろう。

彼女の話を聞いていたら、何だかこっちまで同じ悩みを持ったように精神的に疲れてしまった。人にはモテ期ってあると思う。やけに注目されたり色んな人から声をかけられたり。モテているのに悩むなんて贅沢なことだけど、誰も来なくなる前にモテ期で困っておくのもいいじゃない。だけど何度来るか分からないその波を上手くとらえられるように、眼を鍛えておかないとただ見送るだけではもったいないのだ。頑張れ、Nちゃん!(と言いつつ自分に言い聞かす。)
[PR]
# by anewyearsday | 2006-05-21 01:21 | 日記 | Comments(0)



40代夫婦2人暮らし たぶん無趣味 …since2006.02
by anewyearsday
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
日記

映画
テレビ

インテリア
整理収納
服・靴
植物

ヘンプ
かぎ針編み
棒針編み
ポエム
お知らせ
私について
最新の記事
可愛いコーナー
at 2017-08-15 12:35
溜まってました
at 2017-08-14 12:29
夫の超力作
at 2017-08-13 16:24
またまたエアリズム
at 2017-08-12 22:26
リビングのCD・DVD棚
at 2017-08-11 21:43
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
記事ランキング
画像一覧
検索
最新のコメント
はじめまして、森田です。..
by mrknnumber1 at 14:26
れいこ様>ご心配ありがと..
by anewyearsday at 02:42
れいこ様>「無理のない人..
by anewyearsday at 21:59
れいこ様>初めまして。遠..
by anewyearsday at 22:20
広川様>>初めまして。 ..
by anewyearsday at 20:55
ブログジャンル