カテゴリ:テレビ( 62 )
影の主役
今年も楽しく観ている大河ドラマだけど、あと9話で終わっちゃうのか〜。政次ショックが過ぎて龍雲丸もいなくなって、直虎はすっかり落ち着いていて、今は直政の時代になっている。

元々は歴史が苦手だった私でも、去年の「真田丸」では戦国時代への知識をだいぶ深められた。そして今年の「おんな城主 直虎」では、もっと細かい知らないところを埋められている。「真田丸」は言わば、戦国時代入門編のようなドラマだったかもしれない。

それとBSで放送している過去の大河ドラマ「風林火山」は、武田信玄の軍師であった山本勘助が主役のお話。これも観ているので、この2年の間に私の戦国時代知識はものすごく増えた。

これら3本の大河ドラマは同じ戦国時代でもちょっとずつ時代がずれているのだが、場所や時代がかけ離れているわけではないので、繋がりを感じながら観ることができるから面白い。

例えば現在「直虎」で放送しているあたりからもうちょっとすると、「真田丸」の一番始めに繋がる。そして「直虎」の前の時代が「風林火山」になる。武田信玄の前(風林火山)と後(直虎)といった感じ。

この3本を観ているうちに知識を深め、いやがうえでも興味を持ってしまうのが武田家。「風林火山」では信玄の父の信虎がいる頃から始まり、信玄は若いところから始まる。「直虎」での信玄は全盛期から急死するまで。「真田丸」では信玄の後を継いだ勝頼が登場し、武田家の滅亡までを描く。

f0072757_19574936.jpg

それでこんなタイミングでこんな雑誌出てたら、買っちゃうよね〜。本屋で二度ほど立ち読みしたけど、読むところがたっぷりだしじっくり読みたかったので買ってしまった。

「真田丸」も「直虎」も武田は主役じゃないのに、もう主役くらいの存在感。影の主役なんじゃないかと思うくらい。それくらい興味深い歴史がある家なのかもしれないけど。

去年のBSで放送された過去の大河ドラマは、まさに「武田信玄」だったし。観てないけど。その時知っていたら観てたかもしれないけど。それで今年は「風林火山」やってるし、もしかしたらNHKは武田びいきなのか?

まだ読んでいない歴史雑誌や書籍があるけど…。いずれ!いずれちゃんと全部読む予定!

*****
追記
「おんな城主 直虎」と「真田丸」に共通の登場人物に、徳川家康、本多正信、本多忠勝がいる。今年「直虎」で観ている3人が、この後の時代が舞台の「真田丸」での3人へと自然に繋がっている。

脚本家も演じている役者さんも違うのに、実に見事なキャラクターづくりだなぁと思う。時代物って歴史上の人物を色々な役者さんが演じてきているから、この人なんか違うなぁとか思ってしまいがち。それが2年連続で出てきた人物で役者さんが違うのに、そう感じないってすごい。

「真田丸」の終盤で大坂の陣の時、真田信繁が敵方の徳川勢の中にいる井伊の赤備えの軍を見て、「向こうにもここに至るまでの物語があるんだろうな」と話すシーンがあった。私はその時、すごい!ドラマの中の台詞で堂々と来年の大河ドラマにエールを送っている!と思った。

それに対して「直虎」の方も、同じ人物が繋がって見えるようなキャラクターにしたことでエールに応えているような気がして(あくまでも私の感じ方だけど)、なんだか嬉しい。

「直虎」を観ていると「真田丸」も観たくなってくる。それと「水曜どうでしょう」の「試験に出るどうでしょう・日本史」も観たくなる。まぁ両方とも手元にあるのでいつでも観られるし、多分そのうち観ると思う。

[PR]
by anewyearsday | 2017-10-19 19:41 | テレビ | Comments(0)
推し松
今クールからまた、テレ東のアニメ「おそ松さん」が始まっている。放送時間が遅いので録画して観ているんだけど、相変わらずはちゃめちゃでなんか笑っちゃう。

特にグッズ集めには興味ないんだけど、先日セブンイレブンでカップ麺を買おうと思ったら、赤いきつねシリーズのカップ麺が2個でおそ松さんのグッズがもらえるというのをやっていたのでもらってみた。

f0072757_12343411.jpg

カップ麺のフタを押さえるグッズ。一応、私の推しである十四松を選んだ。

[PR]
by anewyearsday | 2017-10-11 12:32 | テレビ | Comments(0)
北の国から
f0072757_22331514.jpg

夫が集め始めた「北の国から」DVDマガジン。今年の2月末から発売していたのだが、最初からではなく13巻から買い始めた。連ドラ分はいらないので、スペシャルドラマから欲しかったんだそうだ。これ以降も出ているのだが、扱っているお店が少なくてまだ買えていない。

「北の国から」は夫は好きでずっと観ていたようなのだが、私はちゃんと観たことがなくて。部分的にちょこちょこ観たり聞いたりしたことはあるので、ストーリーも分かる部分もあるんだけど。これを機に観てみたいなぁと思う。

[PR]
by anewyearsday | 2017-09-12 22:40 | テレビ | Comments(0)
政次Xデー、改めて
観てない人にはしつこい!って思われるかもしれないけど、昨日の直虎の話。

今日、同じ課で去年の「真田丸」から大河ドラマや歴史のことを語り合う後輩女子が、目を腫らせて出勤してた。号泣してたってことか。私は観ている時は涙も浮かんだけど、そこまでボロボロ泣いてたわけじゃなかったから目も無事。ただ、頭の中にはまだ昨日の話がある。

Twitterを覗いてみても未だにつぶやきが書き込まれていて、興奮冷めやらぬ、っていう状態。観ている人は多くないかもしれないけど、観ていた人には大きな衝撃と感動を与えたと思う。

ノベライズとも違う展開になっていたらしく、読んでいた人もびっくりしたんだとか。脚本や制作側に騙されたっていうか、直虎と政次に最後まで騙されたんだなぁ。

史実として伝わっていることがあるから政次がどんな道を辿るかは知っていたし、昨日の回が政次の最期になることも分かっていたから、観る前までなんかドキドキしていた。1回目の早虎での視聴中もドキドキ…。

あの衝撃的な、政次の磔のシーン。自ら槍で政次の心臓を突く直虎。「地獄へ落ちろ!」

その瞬間政次は直虎の意図を、前に話していた「われもそなたを上手く使う」という言葉を実行したんだなと理解した。よくやったと言わんばかりの嬉しそうな笑顔、そして最後の力を振り絞って直虎の演技に乗った。見事な最期。

もっと悲しいかなとかロスになるかなとか思っていたんだけど、あまりに見事な決着のつけ方に納得するしかなかったし、これが政次の本懐ならこれでいいんだ…と思えてしまった。本当にすごい。

去年の「真田丸」も良かったけど、「おんな城主 直虎」もかなりの名作になった。観ていない人は本当にもったいない!でも歴史もの慣れしていない人には難しいかもしれないから、万人に観て!とは言えないところがまたもどかしい。
[PR]
by anewyearsday | 2017-08-21 12:30 | テレビ | Comments(0)
政次Xデー
早虎で見届けた…。まさかまさかの最期。思わず「えっ」って言ってしまった。

観てない人は何のことかわからんかな。大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、高橋一生演じる小野但馬守政次の最期だったのだ。早虎ってのはNHK総合での放送より2時間早いBSの放送のこと。

苦しすぎるけど、生き延びるため、家や民を守るためにしなければならなかった決断。厳しい時代だ…。

あと1時間したら本虎も観る。夫が帰って来たら一緒に録虎も観る…。

*****
追記

政次は史実では悪者とされていて、でもこのドラマでは実は悪者じゃなかったという形で進んでいたから、実際もそうだったのかも…なんて思わされていた。

それが、現在のように悪者と伝えられるようになったのはこういうことだったんだと、今日の回で思わされた。でもそれも物語なんだけど、最後に上手く史実に合わせて来たのだ。

資料が少ない人物たちの物語を作り、その物語から上手く史実につなげていったところが、とても良く出来たドラマだなぁと思う。

今日の回を最初に観た時はびっくりしすぎて、衝撃で涙が出る暇も無かった。2回目観た時は後半はかなり涙がじわっと浮かんで、3回目はまた違うところで涙が出て、すごい回だった。
[PR]
by anewyearsday | 2017-08-20 18:55 | テレビ | Comments(0)
今年も大河が面白い
去年は真田丸真田丸って騒いでいたけど、今年の「おんな城主直虎」も面白いのよね〜。あまり書いてなかったけど、今年もどっぷりと大河ドラマを楽しんでいる。

ここ数話、このドラマでは中盤のクライマックスとも言える大事な回。特に昨日は、観終わった後も余韻が残るようなすごい回だった。それなのに視聴率が今までの直虎で一番悪かったんだとか。

私は去年の「真田丸」の時から、放送を観終わってからTwitterで「#真田丸」で出てくるつぶやきを読み漁って楽しむということをしていたんだけど、今年も「#おんな城主直虎」で検索してつぶやきを読んでいる。

昨日は読んでも読んでもどんどん新しいつぶやきが、皆さんの興奮と共に湧き出ていた。だから観た人達はとても楽しんで、満足して、色々考えた回だったと思う。だから今回が今までで一番数字が悪かったなんておかしい。

たぶん楽しみにしているあまり、録画して見逃さないように大事にしていたり、待ちきれなくて地上波よりも早く放送するBSの方で観ていた人が多かったんじゃないかなと思う。

その証拠に、視聴率じゃなくて視聴熱っていうのが発表されたらしいんだけど、昨日は直虎が1位だったみたいだ。視聴熱がどのように割り出されているのかは知らないが、視聴率なんて関係ないなぁと思った。観た人がどれだけ満足したか、それが大事。

直虎では高橋一生が演じる小野政次という登場人物が、なんとも苦しく切ない立場でいいのよね〜。観ていてきゃあぁぁぁ〜!ってなる。あれ?私もしかして高橋一生好きになったのかな?と思ったけど、バラエティとか普通に出ている時は特にキュンとしないので、たぶん高橋一生が演じる小野政次が好きなんだろうな。でも押し殺したような演技とか、すごく良い。

他には南渓和尚役の小林薫。さいしょはあまり良い出番が無くてもったいないなぁと思っていたけど、今となっては大きな存在感を感じる。演技も本当に素晴らしい。南渓さんが抱いている猫のにゃん渓さんも可愛いし。

正直言って女性主人公の大河ドラマはあまり期待していなかったし、2年連続で戦国時代が舞台だと去年の「真田丸」が素晴らしかっただけにつまらなく感じちゃうかなぁと思っていた。

でも観始めたら案外面白くて、途中ちょっと話の展開がゆるくなってきた時もあったけど、今まで観続けてきて良かったと思えるここ数話の面白さ。「真田丸」とは全く違うものだけど、よく出来ている作品だなぁと思う。

もう半分を越えてしまったので、観ていなかった人が今から参加するのは大変かもしれない。なので視聴率が上がらなくても、観てきた人だけでこれからも楽しませていただく。
[PR]
by anewyearsday | 2017-08-07 22:51 | テレビ | Comments(0)
大河もう1本
今日からBSプレミアムで、2007年の大河ドラマ「風林火山」の放送が始まった。

去年「真田丸」で徳川家康を演じた内野聖陽が、武田信玄の軍師だった主役の山本勘助を演じている。軍師が主役というところでは、岡田くんの「軍師官兵衛」に似た題材かもしれないな。

内野さんは前から好きだったし、戦国時代ものということで気になっていた大河ドラマのひとつでもあったから、レンタルせずとも観られるのがうれしい。

ただ日曜正午からの放送なので、出かけちゃって観られない確率も高そう。今日は観ることができたけど、我が家はケーブルテレビでBSを観ているのだが、録画はハードディスクを付けないと出来なくて。今までその必要は無かったから付けていないので録画の手段が無く、リアルタイムで観るしかない。

大河ドラマとなると1年間。全話観るのは難しいかもしれないけど、観られる時は出来るだけ観るようにしたいと思っている。

今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」も、「真田丸」ほどの盛り上がりは無いけど、思っていたよりも面白く観られている。先週はついに主人公が直虎となり、井伊家を治めることになったところだった。

ここまで観ていて、なぜ女性が継ぐことになってしまったのかという流れがとても良く分かった。井伊家は今川を甘く見過ぎていたのかなと思う。二度も謀反がバレて殺されて、人材がどんどんいなくなって。

だから先週の話で目付けの小野政次に、井伊は同じことを繰り返し、滅びるべくして滅んだのだって言われちゃうんだよな。しかし高橋一生演じる政次、目が死んでて怖〜い。いい演技してます。

でも今、もう一本くらい大河ドラマ観たいのよね。会社の後輩からは去年からずっと「軍師官兵衛」を観てください!と何度も勧められている。でも「直虎」も「風林火山」も戦国ものなので、今観ちゃうと頭の中がこんがらがりそう。

「新選組!」を観ていたので、その周辺の幕末ものの大河ドラマを観たいのだ。やはり「篤姫」か「龍馬伝」かなぁ。今年のうちにそれらを観ておけば、来年の「西郷どん」につながって良さそうなのだ。

最近でも日本史ものの読み物を買って来ては読みふけっていたり、まだまだ日本史勉強中。知りたい欲求が止まらないのだ。
[PR]
by anewyearsday | 2017-04-02 14:09 | テレビ | Comments(0)
モヤモヤ最終回
最近の火曜夜のお楽しみだった「カルテット」が終わってしまった。毎週、次が気になって楽しみになるドラマだった。

視聴者の間では、ドラマの中のちょっとしたシーンにも意味があると解釈し深読みしてしまうというのも流行った。会社でも、観ている子たちと話が盛り上がった。

あまり全てに結論を求めてはいけないのだろうけど、最初はミステリーで始まったので最後は色々な謎が解明するのかと思いきや、4人の楽しい日々や素敵な演奏がほとんどだったのでモヤモヤしてしまった。

うーん、ドラマの最終回っていうのはなかなか難しいんだな。みんなが納得するのは不可能だろうし。また明日会社で「カルテット」を観ていた子と話したら、私が気付かなかった色々な解釈聞けたりするかな〜。

高橋一生は今すごい人気なのね。「カルテット」で高橋一生に萌えてた人は、「おんな城主 直虎」を観るといいと思う。高橋一生の不憫ぶりに萌えている人がいっぱいいるみたいなので。でもこの先変な髪型になっちゃうけどね。

「直虎」も前半(序盤)のヤマ場に来たし、こちらも緊張感があって面白い。
[PR]
by anewyearsday | 2017-03-21 23:03 | テレビ | Comments(0)
コンプリート
予約していた「真田丸 完全版 第四集」のブルーレイを手にした。これですべてコンプリート。重厚…。

f0072757_23344763.gif

これでいつでも好きな時に好きな話が観られるなぁ。実は今年に入ってから「真田丸」からは少し離れていたんだよね。最終回もそんなに何度も観返してなくて。あまり観てしまうとロスがひどくなると思ったんだよね。それに、この先また観返す時の楽しみも取っておきたかった。

ブルーレイを手にした時に観るのを解禁しようと思っていたので久しぶりに観始めたら、最初のテーマ曲が流れている時に何故だか照れくさい気持ちになった。これからまた日々ちょこちょこと観ていきたい。

[PR]
by anewyearsday | 2017-03-15 23:52 | テレビ | Comments(0)
会話劇
「新選組!」のDVDをTUTAYAで借りてきて観るという日々が終わってしまい、TUTAYAって一度行き始めるとクセになるので、先週はまた別の連ドラを借りてきて観ていた。

2013年の冬クールにフジテレビで放送していた「最高の離婚」。現在TBSで放送している「カルテット」が面白くて、会社でも観ている人がいて盛り上がっているのだが、それと脚本が同じ人で面白いと聞いたので。

「最高の離婚」を観て、この人の作品は会話劇なのだなと思った。会話や台詞の妙を楽しむ作品。どこかちぐはぐな4人がそれぞれにべらべら喋るというシーンは、どちらにも共通している雰囲気があるなぁと思った。

それとどちらも、結婚とは何ぞや、夫婦とは何ぞやと考えさせられる。「最高の離婚」はまさにそれがテーマのドラマなのだけど、それがメインでは無い「カルテット」の方でもそんな場面があった。

松たか子と宮藤官九郎が演じる夫婦。出会い、付き合い、結婚して2人の生活が始まって、夫が突然失踪してしまうまでの回想シーンは、何故か身につまされるものがあった。

いつまでも恋人の雰囲気でいたい夫と、家族になったと安心して素の自分を出す妻。微妙にちょっとずつずれていく夫の心に気づかず妻はいつも幸せそうで、とても切ない。自分達もそんな風になっていないかどうか、心配になる。

「最高の離婚」で「女は好きになると相手の何でもを許すようになる、男は好きになると許さなくなる」という(ディテールは違うかもしれないけどそんなような)言葉があった。この言葉を聞いて、うわ!上手いこと言うなぁと思った。

確かに私は、割と夫には何でも許しちゃってる部分があるなぁと思う。好きだったらかなりのことは許せちゃうと思う。ただ、夫の方からこうして欲しいとかこれはしないでとか言われたことは無い。でも私の周りには、彼氏から注文をつけられた経験をしたことのある女子がいた。

私は以前から、男は変わることには慎重で、女は変化に対して柔軟だと思っていた。

女は結婚すれば苗字も変わるし、子供が出来れば身体も変わるし、変化があって当たり前だから受け入れるのも早い。おまけに女は現実的なので、変化に柔軟でなければ生きていけないことも分かっている。

男は夢見がちで理想を追いがち。女が結婚したり母になったりしてどんどん変わっていくのを、受け入れられない部分があるのだろうと思う。

その男女の誤差がズレを生じさせていくのだろうな。その誤差が大きくなれば、離婚につながることも…。反対に、誤差が少なければ上手くやっていけるのかもしれない。夫婦揃って夢見がちか、夫婦どちらも現実的か。

我が家は後者かな。私の夫は男性の割には現実的なタイプなのだろう。私に理想を押し付けて来ない。ハッ…!まさか好きじゃないからなんてことは無いよね⁉︎

「最高の離婚」も1日2話ずつくらい観て、サクサクと終わった。面白かった。毎日次の話を観るのが楽しみだった。

この脚本の人、これらの作品どころじゃなくて、あの「東京ラブストーリー」とか過去にもたくさん作品を書いている人だと分かった。全てが私の好きなものでは無さそうだけど、きっと他の作品も会話が特徴的なのだろうなと思う。
[PR]
by anewyearsday | 2017-03-13 22:51 | テレビ | Comments(0)



40代夫婦2人暮らし たぶん無趣味 …since2006.02
by anewyearsday
カテゴリ
日記

映画
テレビ

インテリア
整理収納
服・靴
植物

ヘンプ
かぎ針編み
棒針編み
ポエム
お知らせ
私について
最新の記事
影の主役
at 2017-10-19 19:41
美味しくできました
at 2017-10-18 12:38
雨の日にショック!
at 2017-10-17 12:30
うんこの神様
at 2017-10-16 12:33
豹変クマ
at 2017-10-15 15:19
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
記事ランキング
画像一覧
検索
最新のコメント
はじめまして、森田です。..
by mrknnumber1 at 14:26
れいこ様>ご心配ありがと..
by anewyearsday at 02:42
れいこ様>「無理のない人..
by anewyearsday at 21:59
れいこ様>初めまして。遠..
by anewyearsday at 22:20
広川様>>初めまして。 ..
by anewyearsday at 20:55
ブログジャンル