京都奈良旅行記 3日目
1月11日日曜日。朝、前日にしっかり決めておいた時間にホテルをチェックアウト。荷物を背負って京都駅へ。

この日は奈良へ足を伸ばすことになっていて、帰りの新幹線は京都から乗るから京都駅のコインロッカーに荷物を置いていく予定だった。でも京都駅でJR奈良線への電車の乗り継ぎがスムーズに行きそうだったので、京都駅で預けず奈良駅に荷物を置いていくことになった。

JR奈良駅からまずは奈良での第一の目的地、法隆寺を目指す。JR関西本線で法隆寺駅へ。

f0072757_22322435.gifわりと小さい法隆寺駅。駅前に降り立つと、駅舎は法隆寺に合わせたのかこんな風。でもなんかお寺というより、田舎の大きな農家のお家みたい。

駅前は何もなく、本当にあの法隆寺の最寄り駅なの?っていうくらい商売っ毛が全くなかった。変にお店がいっぱいなのも嫌だけど、閑散としすぎてて…。

駅前から法隆寺行きのバスは約20分間隔で運行。このバスの時間に合うように行動していたので、あまり待たずに乗り継ぐことが出来た。


バスが法隆寺に近づくと、前には真っ直ぐに延びる広い参道が。鎌倉の鶴岡八幡宮の若宮大路みたいな雰囲気。賑やかさが全然違うけど。

f0072757_22394870.gif南大門から中へ入ると広い道がしばらく続く。その向こうには中門、そして五重塔がチラリと見えていた。この道がワクワク感をかき立てる、良いアプローチになっているように感じた。

旅行から帰ってきた日に書いた日記の中で「ここはどこでしょう?」と載せた写真はここ、法隆寺でした。この広くて長いアプローチを進んで中門と五重塔を望む場所だったんですね。

夫婦共に今回の旅行で一番良かったのが法隆寺。もうこの色合いというか、古さ。歴史の重みを存分に感じちゃうほどだった。

中門に到着、左右には金剛力士像。五重塔は見えているものの、まだ近くには行けない。う〜ん、じらすねぇ〜。中門から左へ進んでチケットを買って、ようやく西院伽藍の中へ。


中へ入ると五重塔と金堂がすぐ目の前。渋い。そして古い。とても格好いい。今まで見たお寺と全然違うオーラを感じた。

f0072757_0261816.gif



法隆寺は、現存する世界最古の木造建築なのですよ。日本じゃなく世界最古ですよ。もう全然歴史が違う。そして日本で一番最初に世界文化遺産に登録された。

金堂は世界一古い木造建築。五重塔は日本最古の塔。でもこういう事実を知らなくても、なんか見ただけで古さとかオーラを感じてしまうと思う。京都なんて全然新しいじゃん、って思っちゃうほど。

f0072757_041133.gif



五重塔、金堂の他に講堂、経蔵、回廊が存在する。回廊は柱が整然と並び、素敵。講堂のあたりを見学していると、すぐ近くの鐘楼から鐘の音が。

「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺   正岡子規」じゃん!まさに。それだけでなんか、感動〜。

f0072757_0475370.gif鏡池、聖霊院、妻室、食堂、細殿を経て大宝蔵院へ。大宝蔵院自体は最近建てられた新しい建物なんだけど、その中には数々の国宝や重要文化財が収められている。観音像や玉虫厨子、聖徳太子の肖像画など。

大宝蔵院を出て、東大門を通って少し長い道を東へ進む。この間、かなり風が強くなってきていて非常に寒かった!寒い寒いと言いながら東院伽藍に到着。

聖徳太子を偲んで建てられたという、八角形の形が美しい夢殿。小さくて可愛い建物。

ここまでで法隆寺は終了。なかなか広く、見所はたっぷりでゆっくり見て回った。とにかく時代の古さと国宝や重文だらけの貴重さで、厳かな空気が流れていた。

夢殿から戻ってくる途中にバスの時間が迫っているのに気付いたので、バス停まで少し小走り。おかげですんなり法隆寺駅へ戻ることが出来た。


f0072757_22494750.gif法隆寺駅から奈良駅へ移動。JR奈良駅前は綺麗でさっぱりとした印象。

JRと近鉄の奈良駅近辺はお店がたくさんあり、ちょうどお昼時だったのでそのあたりで食事をすることにした。アーケードは観光客で賑わっていて、飲食店はどこも混み始めていた。

奈良って特にご当地グルメが思いつかない。事前に考えていたんだけど、奈良漬けとか柿の葉寿司とかお土産っぽいものばかりで、現地に行ってこれを食べようっていうものがあまり無い。


だから特に何を食べたい!とかこだわらず、普通の食事でいいと思っていた。たくさんお店がある中、夫が何故か「ここにしよう」とパパッと決めたうどん屋さんに入った。法隆寺で強い風の中歩いていて身体が冷えていたので、温かい食べ物が嬉しかった。

f0072757_2256617.gifお昼ご飯のあとは奈良で2番目の目的地、興福寺へ向かう。

このあたりだと奈良公園や東大寺が一番ベタな見所だと思うんだけど、私、中学と高校の修学旅行で二度訪れているので…ちょっと飽きている感もあり、他のところへ行ってみたいと思っていた。

興福寺の五重塔は、日本では東寺の次となる2番目の大きさ。50.1メートルだそうだ。ここへ来ることになっていたため、2日前に京都で東寺を訪れていたのだ。

確かに、数時間前に見た法隆寺の五重塔よりは大きさを感じたし、東寺の五重塔の大きさも思い出した。


f0072757_2371119.gif五重塔の隣には東金堂。この2つは国宝。境内には他にも中金堂があるのだが、現在復元工事中。境内の中央当たりに広い空間があり、建物があるであろう場所に大きな白いシートが掛けられていた。

東金堂から歩いてすぐのところには国宝館がある。興福寺ではやはり国宝館に収められている阿修羅像を見て行かなくちゃ。何年か前、上野の美術館で阿修羅展が行われていた時、いたく人気でちょっとした阿修羅ブームがあったよね。

阿修羅像はやっぱり人気。阿修羅像が所属している八部衆の8体が同じ部屋にずらーっと並べて展示されているんだけど、中央にあった阿修羅像の前には立ち止まって見ている人がたくさんいた。

八部衆の像はひとつひとつ特徴が様々でそれぞれに面白味がある。鶏の顔をしているものや、像の胸から上しか残っていないものなど。色々な表情をしていて見応えがあった。でも確かに阿修羅像には形の美しさがあり、華があった。


f0072757_23205124.gif境内の端の方にある南円堂。これにて興福寺は終了。

興福寺から足を伸ばせば東大寺や春日大社にも行けたんだけど、街をぶらぶらする時間の余裕も欲しかったので、猿沢池の方へ降りていった。


f0072757_23282317.gif猿沢池のそばにいた鹿。ご飯の時間なのか、白菜をもらって食べていた。食事を与えられていたためか、寄ってこられることはなかった。

高校の修学旅行、奈良公園で友達とみんなでソフトクリームを食べていたら友達の1人の近くに鹿が静かに近づき、友達が気付く前にソフトクリームにバクっと食いついたということがあった。だから鹿には気を付けないと危ないと思っていたけど、この鹿たちは大丈夫だった。


歩いているうちに古い建物が並ぶ町並みに入ってきて、このあたりが奈良町と呼ばれるエリアなんだと分かった。狭い道をくねくねと迷路のように入っていくと、どこまでもこういう風情のある町並みが続いていた。

f0072757_23331595.gif



ならまちふきんで有名な吉田蚊帳の建物は文化財に指定されている。ここら辺の家の軒先にぶら下がっている赤い毬のようなものは「身代り申」というお守りらしく、このへんでたくさん見かけた。

古い建物だけじゃなくおしゃれで小さなお店が集まったエリアがあったりして、プラプラと歩くのも楽しかった。おしゃれななカフェなどに入ってみるのも良さそう。

f0072757_23402335.gif中川政七商店の遊中川本店にも入った。町並みに溶け込みすぎていて、最初全然気が付かなかった。ここではちょっぴりショッピング。

しかしこの辺のエリア、古い建物が並んでいるためだと思うけど喫煙所が全然無かった。そりゃ、煙草のポイ捨て1つで大変なことになってしまいそうだもんね。

けど喫煙者にとっては辛い街。長時間煙草を吸えずにいた夫が、だんだんとそわそわし始めた。


結局奈良町エリアを外れ、近鉄奈良駅前まで行ってようやく吸えた。たくさん歩いたのでこの頃にはだいぶ疲れていた。それにこの日は寒かった。

そろそろ京都駅へ戻る時間が近づいてきていたのでJR奈良駅へ戻り、駅ビルでお土産を買ってコインロッカーに預けた荷物を取り、京都駅へ。

京都駅はずいぶん混み合っていた。この日は3連休の中日。旅行の予約を取った時に帰りの新幹線は希望していた列車が取れなかったくらいなので、乗る人がたくさんいたんだろう。駅弁を買って、新幹線の時間まで待合室で大人しく待っていた。

帰りはのぞみ。たいていこだまに乗るので、のぞみだと本当に早く感じる。お弁当を食べたあとに寝ていたらあっという間に新横浜まで来ていた。品川で新幹線を降り、無事に家までたどり着いた。3日目終了。

今回の帰省では初めて奈良まで足を伸ばしてみた。夫が学生時代、嫌な思い出があって敬遠していた奈良だけど、行って良かったな。やっぱり大人になってから行くのは学生時代とは全然違う。それに夫婦2人で行くのは楽しい。奈良はまだ行き尽くしていないので、またの機会に行っていないところに行ってみるのも良いな。

旅から帰ってきたばかりなのに、もう他にも行きたい場所がある。それはまた次回の帰省の時に…。関西の場合、行けなかった場所や心残りがあっても「また行けるから」と思える。滅多に行かないような遠い場所だと再訪は難しいけど、京都近辺なら今度行こうってことが出来る。

改修工事の完成待ちとか、電車の開通待ちとか、そんなこんなで行きたいけど待っている場所もある。夫との国内旅行は楽しくてやめられない。
[PR]
by anewyearsday | 2015-01-20 01:14 | | Comments(0)
<< 防寒重視の旅ファッション 京都奈良旅行記 2日目 >>



40代夫婦2人暮らし たぶん無趣味 …since2006.02
by anewyearsday
カテゴリ
日記

映画
テレビ

インテリア
整理収納
服・靴
植物

ヘンプ
かぎ針編み
棒針編み
ポエム
お知らせ
私について
最新の記事
影の主役
at 2017-10-19 19:41
美味しくできました
at 2017-10-18 12:38
雨の日にショック!
at 2017-10-17 12:30
うんこの神様
at 2017-10-16 12:33
豹変クマ
at 2017-10-15 15:19
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
記事ランキング
画像一覧
検索
最新のコメント
はじめまして、森田です。..
by mrknnumber1 at 14:26
れいこ様>ご心配ありがと..
by anewyearsday at 02:42
れいこ様>「無理のない人..
by anewyearsday at 21:59
れいこ様>初めまして。遠..
by anewyearsday at 22:20
広川様>>初めまして。 ..
by anewyearsday at 20:55
ブログジャンル